遅くなってごめんね! 「シンデレラとねこ」/ねこむかしばなし(3)

#くらし 
急いで帰らなきゃ!

ねこむかしばなし 3話

もしも、誰もが知っているあのお話にねこが登場したら…?

桃太郎、シンデレラ、一休さんなど、誰もが知っているような有名な昔話や童話にねこが参戦!?
昔話にかわいらしさ、ふてぶてしさ、愛くるしさを兼ね備えたねこたちが加わることで、物語は新たな展開に!

童話×ねこの癒やし系ねこまんが『ねこむかしばなし』から、思わずニコニコしてしまうお話を21回連載でお送りします。今回は第3回です。

※本作品はぱんだにあ著の書籍『ねこむかしばなし』から一部抜粋・編集した無料試し読み連載です

◆シンデレラとねこ

【画像を見る】ねこむかしばなし

◆元となったむかしばなし

シンデレラ
継母と義理の姉たちにいじめられて過ごしていたシンデレラ。
ある日、王子様のお相手選びも兼ねた舞踏会が開かれることに。しかし、ドレスをもっていないシンデレラは参加することできません。悲しむシンデレラのもとに現れた魔法使いが、夜の12時までという約束で素敵なドレスを用意してくれました。
舞踏会で王子様に見初められ時間も忘れて踊るシンデレラ。
しかし、12時の鐘の音が聞こえたため、名前も告げずに急いで帰ります。その時に落としたガラスの靴を頼りに王子様はシンデレラを探しだし、再会した2人は幸せに暮らしたのでした。

◆ラプンツェルとねこ

 

◆ねこのラプンツェル

 

◆元となったむかしばなし

ラプンツェル
むかしあるところに高い塔に住む髪の長いラプンツェルという女の子がいました。
ラプンツェルは魔法使いによって、塔に閉じ込められていたのですが、これが当たり前だと思っていたので疑問に感じたことはありませんでした。ある日、一人の王子が偶然その塔に現れます。2人は次第に仲良くなっていき、恋人同士になりました。
しかし、そのことが魔法使いの逆鱗に触れてしまい、ラプンツェルは長い髪を切られて塔から追い出され、王子はラプンツェルに会えなくなったショックから失明してしまいます。数年後、森で2人は再開し、喜んだラプンツェルの涙によって王子は再び目が見えるようになりました。
王子はラプンツェルを連れて帰り、幸せに暮らしました。

著=ぱんだにあ/『ねこむかしばなし』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //