わたしは無敵の体を手に入れた 「ジークフリートのねこ」/ねこむかしばなし(7)

#くらし 
無敵の体を手に入れました

ねこむかしばなし 7話

もしも、誰もが知っているあのお話にねこが登場したら…?

桃太郎、シンデレラ、一休さんなど、誰もが知っているような有名な昔話や童話にねこが参戦!?
昔話にかわいらしさ、ふてぶてしさ、愛くるしさを兼ね備えたねこたちが加わることで、物語は新たな展開に!

童話×ねこの癒やし系ねこまんが『ねこむかしばなし』から、思わずニコニコしてしまうお話を21回連載でお送りします。今回は第7回です。

※本作品はぱんだにあ著の書籍『ねこむかしばなし』から一部抜粋・編集した無料試し読み連載です

◆ジークフリートのねこ

【画像を見る】ねこむかしばなし

◆元となったむかしばなし

ジークフリート伝説
むかしあるところにジークフリートという男がいました。
ジークフリートはとても腕がたち、誰にも負けたことがありません。ある日、ライン川に悪い竜が暴れ回っているという噂を聞いたジークフリートは勇敢にも竜退治に出かけます。竜を倒すことに成功したジークフリートは、その時に浴びた竜の血のおかげで無敵の体を手に入れました。
しかし、その時ちょうど葉っぱが背中についていたため、背中の一部分だけが弱点となっていたのです。後年、痴情のもつれから恨みを買っていた彼は、森で不意打ちを受けた際に偶然その弱点を刺されてしまい、あっけない最後を迎えてしまうのでした。

◆キューピットのねこ

 

◆元となったむかしばなし

キューピット伝説
キューピッドは愛を司ると言われている天使です。
キューピッドが持っている矢に打たれた人は強制的に恋をしてしまったり、逆に100年の恋に冷めてしまったりします。怖いことに、人の恋心を自由に操れる能力をもっているにも関わらず、キューピッドはいたずら好きです。人間が燃えるような恋をしていたかと思えば急に別れてしまうのも、キューピッドの気まぐれのせいとも言われています。
ただ、しっかりと仕事をしていないとさらに上の存在である神様から怒られることもあるようで、誰もがみなくっついたり離れたりを簡単にしていないのはその神様のおかげかもしれません。

著=ぱんだにあ/『ねこむかしばなし』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)