出かけないのですか? 「信長とねこ」/ねこむかしばなし(8)

#くらし 
履くに履けない!?

ねこむかしばなし 8話

もしも、誰もが知っているあのお話にねこが登場したら…?

桃太郎、シンデレラ、一休さんなど、誰もが知っているような有名な昔話や童話にねこが参戦!?
昔話にかわいらしさ、ふてぶてしさ、愛くるしさを兼ね備えたねこたちが加わることで、物語は新たな展開に!

童話×ねこの癒やし系ねこまんが『ねこむかしばなし』から、思わずニコニコしてしまうお話を21回連載でお送りします。今回は第8回です。

※本作品はぱんだにあ著の書籍『ねこむかしばなし』から一部抜粋・編集した無料試し読み連載です

◆信長とねこ

【画像を見る】ねこむかしばなし

◆元となったむかしばなし

信長の草履取り
むかし木下藤吉郎という織田信長の草履取りをしていた青年がいました。
寒い冬のある日、信長出かけるために草履を持ってくるよう藤吉郎に命じました。すると草履が温かく「草履が温かいということは藤吉郎が尻にしいていたに違いない」と思い、信長は激怒しました。藤吉郎は「これだけ寒いと信長様の足元も冷えていると思い、懐に入れて温めていた」と、服を脱いで草履の跡を信長に見せます。
自分の勘違いを認めたと同時に、信長は藤吉郎の忠義心に感心し、藤吉郎を出世させました。この青年こそが後の天下人である豊臣秀吉なのです。

◆天照大神とねこ

 

◆元となったむかしばなし

天の岩戸
むかし天照大神という太陽を司る神様がいました。天照大神は弟のスサノオの傍若無人な振る舞いに疲れ果ててしまい、天の岩戸に身を隠してしまいます。
太陽を司る天照大神がいなくなったので世界は徐々に暗くなっていきました。このままではまずいと思ったほかの神々は天の岩戸から天照大神を出す方法を考えます。
その方法は天の岩戸の側で楽しそうに宴会をすることでした。天の岩戸越しに楽しそうな声を聞いた天照大神は急に何が起こったのか気になり、顔を覗かせます。天照大神が外に出てきたため、世界は再び明るさを取り戻しました。
そのことに喜ぶ神々を見た天照大神は再び太陽を司る神として君臨したのでした。

著=ぱんだにあ/『ねこむかしばなし』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //