昼間助けていただいたねこです 「ねこの恩返し」/ねこむかしばなし(15)

#くらし 
ねこに渡されたもの。これは…?

ねこむかしばなし 15話

もしも、誰もが知っているあのお話にねこが登場したら…?

桃太郎、シンデレラ、一休さんなど、誰もが知っているような有名な昔話や童話にねこが参戦!?
昔話にかわいらしさ、ふてぶてしさ、愛くるしさを兼ね備えたねこたちが加わることで、物語は新たな展開に!

童話×ねこの癒やし系ねこまんが『ねこむかしばなし』から、思わずニコニコしてしまうお話をお送りします。今回は第15回です。

※本作品はぱんだにあ著の書籍『ねこむかしばなし』から一部抜粋・編集しました

◆ねこの恩返し

【画像を見る】ねこむかしばなし

◆元となったむかしばなし

鶴の恩返し
むかしあるところにおじいさんとおばあさんがいました。冬のある日、おじいさんが山に入ると罠にかかり動けなくなった鶴がいました。助けてあげると鶴は一礼して去っていきます。
するとその日の夜、美しい娘が「泊まらせてもらいたい」と、おじいさんとおばあさんの家に訪れました。2人は快く迎え入れましたが、娘から「お返しに反物を織ります。この戸は決して開けないでください」と言われてしまいます。その反物を売って2人は裕福になりました。
ある日、2人は娘が織っている姿が気になり、戸を開けてしまいました。するとそこには罠から助けた鶴がいました。正体を見られてしまった鶴はそのままどこかに飛び立ってしまいました。

◆笠地蔵のねこ

 

◆元となったむかしばなし

笠地蔵
むかしあるところに貧しくも心優しいおじいさんとおばあさんがいました。
ある大晦日のこと、2人は笠を作り、それを売ってお正月用のお餅を買おうと考えました。笠を持っておじいさんは街へと出かけましたが、笠は1つも売れませんでした。
その帰り道、おじいさんはお地蔵さんの前を通ります。おじいさんは「お地蔵さんも寒いだろう」と笠を被せてあげました。家に帰っておじいさんが申し訳なさそうに事情を説明しますが、おばあさんは何も気にしていませんでした。
その夜、扉の向こうから音が聞こえました。開けてみるとそこには金銀財宝が置かれ、遠くにはお地蔵さんたちの背中が見えました。2人は幸せな正月を迎えることができたのでした。

著=ぱんだにあ/『ねこむかしばなし』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)