時が経つのを忘れた 「浦島太郎とねこ」/ねこむかしばなし(16)

#くらし 
ねこに連れられて行った先には…

ねこむかしばなし 16話

もしも、誰もが知っているあのお話にねこが登場したら…?

桃太郎、シンデレラ、一休さんなど、誰もが知っているような有名な昔話や童話にねこが参戦!?
昔話にかわいらしさ、ふてぶてしさ、愛くるしさを兼ね備えたねこたちが加わることで、物語は新たな展開に!

童話×ねこの癒やし系ねこまんが『ねこむかしばなし』から、思わずニコニコしてしまうお話を21回連載でお送りします。今回は第16回です。

※本作品はぱんだにあ著の書籍『ねこむかしばなし』から一部抜粋・編集した無料試し読み連載です

◆浦島太郎とねこ

【画像を見る】ねこむかしばなし

◆元となったむかしばなし

浦島太郎
むかしあるところに浦島太郎という青年がいました。
浦島が海辺を歩いていると1匹のカメが子どもたちにいじめられています。カメを救った浦島は、お礼に竜宮城に連れていってもらいました。
竜宮城では美しい乙姫が出迎えてくれ、たいそうなおもてなしを受けます。時を忘れて楽しんでいた浦島は「そろそろ家に帰りたい」と乙姫に告げます。すると乙姫はお土産に玉手箱をくれました。ですが同時に「絶対にこの箱は開けてはいけません」と付け加えます。
浦島が地上に戻ると何十年も経っていました。途方に暮れた浦島は乙姫の忠告をやぶり、玉手箱を開けてしまいます。すると、白い煙に包まれ浦島はおじいさんになってしまうのでした。

◆寿限無ねこ

 

◆元となったむかしばなし

寿限無
むかし生まれた子どもが長生きできるようにと、長い名前をつけた親がいました。
お坊さんにも協力してもらい、その子につけた名前は「寿限無寿限無五劫の擦り切れ海砂利水魚の水行末雲来末風来末食う寝る処に住む処藪ら小路の藪柑子パイポパイポパイポのシューリンガンシューリンガンのグーリンダイグーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助」でした。
ある日、その子どもが川で溺れたところを村の人が見かけます。これは大変だと村の人はすぐに親へと伝えようとしました。しかし、子どもの名前が長すぎるのでなかなか最後まで言い切れず、話が先に進みません。結局そのまま子どもは溺れてしまうのでした。

著=ぱんだにあ/『ねこむかしばなし』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)