【整頓術】冷蔵庫の食材を「賞味期限切れ」にしないコツ

冷蔵庫は片付けても、気が付けばまたごちゃごちゃになっていたり、食材がうもれてムダにしてしまった経験、ありませんか? 家族みんなが使う冷蔵庫だからこそ、整理整頓は必須です!

食材をムダにしない冷蔵庫整理のコツ

1.適材適所を意識する

さっと出し入れしたいものはドアポケットへ、子どものアイスはまとめてワンエリアに、など、適材適所を意識しましょう。

2.仲間ごとに分ける

朝ごはんに食べるヨーグルトやジャム、バターなどは「朝食セット」、納豆、豆腐、油揚げなどは「大豆製品」など、グループごとにトレーなどでグループ分けして収納すると、取り出しもラク。

3.誰でもわかるようにラべリングする

分けた仲間に合わせてトレーや容器にいれたら、それぞれ中身を確認しなくても分かるようにラべリングするのが◎。マスキングテープにペンで書くのがお手軽です。

4.冷蔵庫をストックルームにしない

何でもかんでも冷蔵庫に入れれば安心、と思っていると、ものがいっぱいで使いづらい冷蔵庫に。入れる必要のない食品はほかに移動を。

5.冷凍室は使いかけと未開封を分ける

どんどん積み上げることで下が見えなくなっていくと、同じものを買ってしまうことにも。使いかけのものはパッケージが一目で全部見渡せるように重ねず上段へ、未開封のものは立てて下段へ収納するのがおすすめ。

冷蔵庫の中をきちんと整理しておけば、ドアの開け閉め時間も短縮されて電気代の節約にも! 食材のムダを省きつつ、節電&節約を目指しましょう。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】