いい子になれば人間になれるの? 「ねこのピノキオ」/にゃんと!ねこむかしばなし(2)

#くらし 
いい子って?何をすればいいの?

『にゃんと!ねこむかしばなし』2話【全15話】


嘘つくと鼻が長くなる男の子、最強の戦国武将、天竺を目指す一行などなど、誰もが知っている物語の人たち。昔懐かしい物語にねこが登場したら…?

誰もが知っている物語にねこが加わり、新たな展開になっていく癒やし系ストーリー『ねこむかしばなし』の続編『にゃんと!ねこむかしばなし』から、思わずニコニコしてしまうお話をお送りします。昔読んだ話を思い出しながら、見ると新しい発見があるかも…。

※本作品はぱんだにあ著の書籍『にゃんと!ねこむかしばなし』から一部抜粋・編集しました

◆ねこのピノキオ

【画像を見る】ねこのピノキオ

◆元となったむかしばなし

ピノキオの冒険
昔、命を吹き込まれた木の人形のピノキオという少年がいました。生まれたばかりのピノキオは嫌なことはすぐに投げ出してしまう性格でした。
そんなピノキオの元には、嘘をつくと鼻が伸びることなど、ピノキオの変わったところを金儲けに使おうと悪人たちが集まります。そしてピノキオも自分が楽できることばかり取り組んでいた結果、騙され続け、挙句の果てには巨大なクジラに飲み込まれてしまいました。
運良く助かったピノキオが心を入れ替えたところ、妖精がピノキオがいい子になったことを認め、人間の姿へと変えてくれたのでした。

◆不思議の国のアリスとねこ

不思議の国のアリスとねこ

◆元となったむかしばなし

不思議の国のアリス
昔、あるところにアリスという少女がいました。
アリスが姉と一緒に川辺で過ごし、退屈していた時、人間の言葉を使いながら慌てて走り抜ける白うさぎを見かけます。気になり、追いかけていったアリスは穴に落ちてしまいました。そこからアリスは数多くのとても奇妙な体験をします。食べると体が大きくなったり小さくなったりするケーキ、自分の体ほどの大きさのイモムシとの出会い、終わることのないお茶会、ハートの女王による裁判など…。
そして最後には絶体絶命のピンチに追い込まれたアリスは悲鳴をあげ、姉の膝の上から飛び起きます。アリスは退屈のあまり寝てしまい、とても壮大な夢を見ていたのでした。

ブレーメンの音楽隊なねこ

ブレーメンの音楽隊なねこ

◆元となったむかしばなし

ブレーメンの音楽隊
昔、あるところに年老いたロバがいました。
ロバは力仕事ができなくなったため、飼い主に追い出されます。ブレーメンという街に行けば音楽隊として雇ってもらえると聞いて目指していたある日、似た境遇を持った犬、ねこ、ニワトリの3匹と出会います。4匹でブレーメンを目指していると、近くの民家に泥棒たちが入って、美味しそうなごちそうを食べている姿を見かけます。4匹は自分たちがそのごちそうを食べるために一斉に音楽を奏でました。急に大きな音が鳴ったことに驚いた泥棒は逃げ出し、4匹はその家に居着くことにします。
一度、泥棒たちが戻ってきたこともありましたが、それも撃退し、4匹はブレーメンには向かわず幸せに暮らしたのでした。

ねこのラプンツェル

ねこのラプンツェル

◆元となったむかしばなし

ラプンツェル
昔あるところに高い塔に住む髪の長いラプンツェルという女の子がいました。ラプンツェルは魔法使いによって、塔に閉じ込められていたのですが、これが当たり前だと思っていたので疑問に感じたことはありませんでした。
ある日、一人の王子が偶然その塔に現れます。2人は次第に仲良くなっていき、恋人同士になりました。しかし、そのことが魔法使いの逆鱗に触れてしまい、ラプンツェルは長い髪を切られて塔から追い出されてしまい、王子はラプンツェルに会えなくなったショックから失明してしまいます。
数年後、森で2人は再会し、喜んだラプンツェルの涙によって王子は再び目が見えるようになりました。王子はラプンツェルを連れて帰り、幸せに暮らしました。


著=ぱんだにあ/『にゃんと!ねこむかしばなし』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)