天はねこの上に人を作らず 「福沢諭吉とねこ」/にゃんと!ねこむかしばなし(7)

#くらし 
ねこの上に人を作らず

『にゃんと!ねこむかしばなし』7話【全15話】


嘘つくと鼻が長くなる男の子、最強の戦国武将、天竺を目指す一行などなど、誰もが知っている物語の人たち。昔懐かしい物語にねこが登場したら…?

誰もが知っている物語にねこが加わり、新たな展開になっていく癒やし系ストーリー『ねこむかしばなし』の続編『にゃんと!ねこむかしばなし』から、思わずニコニコしてしまうお話をお送りします。昔読んだ話を思い出しながら、見ると新しい発見があるかも…。

※本作品はぱんだにあ著の書籍『にゃんと!ねこむかしばなし』から一部抜粋・編集しました

◆福沢諭吉とねこ

【画像を見る】福沢諭吉とねこ

◆元となったむかしばなし

学問のすゝめ
学問のすゝめは福沢諭吉による民主主義について記した本です。
当時は明治時代初期という封建制度が根付いた社会だったので、民衆一人ひとりが考えて国家を支えていく、民主主義を広めるために刊行したとも言われています。
一番有名な一節に「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」というものがあります。これはよく「人は誰しも平等な立場であるべき」という意味で捉えられますが、実はその解釈だけだと誤りなのです。学問のすゝめの中ではそういう意味ではなく「人は誰もが努力を惜しまなければ偉くなれるし、お金持ちにもなれる平等な権利を持っている。だからこそ勉学に励むべき」と記されています。

◆かぐや姫のねこ

かぐや姫のねこ

◆元となったむかしばなし

竹取物語
昔、竹を取って生活していたおじいさんがいました。
ある日、おじいさんが竹を取りに行くと1本だけ光る竹があり、その中にはとてもかわいらしい女の子がいました。かぐや姫と名付けられた女の子は大切に育てられ、村でも評判になるほど美しく成長しました。そんなかぐや姫をお嫁さんにしたいと貴族が押し寄せますが、かぐや姫は無理難題を突きつけ、全員を追い返します。
しばらくしたある日、かぐや姫が泣いているのでおじいさんが聞くと、かぐや姫は「私は月の人で、月に帰らなければならない」と言い出します。それを阻止すべく、月からの迎えをおじいさんたちは追い返そうとしますが、のれんに腕押し。
かぐや姫は月へと帰ってしまうのでした。

◆注文の多い料理店なねこ

注文の多い料理店なねこ

◆元となったむかしばなし

注文の多い料理店
昔、あるところに山奥で犬を連れて猟をしていた2人の男がいました。
獲物すら撃てず、遭難し、さらには犬が突然死んでしまって2人が困っていると、「山猫軒」という西洋料理店を見つけます。これ幸いと入った2人は店内で不思議な体験をします。
その内容は「ここは注文の多い料理店ですがご容赦ください」、「体をきれいにしてください」、「荷物はすべてここにおいてください」、「クリームを塗ってください」、「体を塩もみしてください」というものでした。2人は自分たちが料理されていることに気づきます。
逃げ場もなく、男たちが顔をくしゃくしゃにして震えていたその時、死んだはずの犬が部屋に飛び込み、店はフッと消えます。助かったことに気づき、安心した2人でしたがくしゃくしゃになった顔は二度と戻りませんでした。

著=ぱんだにあ/『にゃんと!ねこむかしばなし』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //