私はここに住みます! 「ガリバーとねこ」/にゃんと!ねこむかしばなし(9)

#くらし 
周りで小さな声もするぞ…

『にゃんと!ねこむかしばなし』9話【全15話】


嘘つくと鼻が長くなる男の子、最強の戦国武将、天竺を目指す一行などなど、誰もが知っている物語の人たち。昔懐かしい物語にねこが登場したら…?

誰もが知っている物語にねこが加わり、新たな展開になっていく癒やし系ストーリー『ねこむかしばなし』の続編『にゃんと!ねこむかしばなし』から、思わずニコニコしてしまうお話をお送りします。昔読んだ話を思い出しながら、見ると新しい発見があるかも…。

※本作品はぱんだにあ著の書籍『にゃんと!ねこむかしばなし』から一部抜粋・編集しました

◆ガリバーとねこ その1

【画像を見る】ガリバーとねこ その1

◆ガリバーとねこ その2

ガリバーとねこ その2

◆元となったむかしばなし

ガリバー旅行記
昔、あるところにガリバーという青年がいました。
ガリバーは船で様々な国を訪れます。「大きな力を尊敬し、恐れ、民族間でも争いが耐えない小人たちが住む国リリパット」、「おおらかで人間よりも悟りを開いた巨人たちが住む国ブロブディンナグ」、「科学が発展しているが、貧富の差も激しく頭でっかちな人が多いラピュータ」、「高潔で知的であり、人間を野蛮だと認定している馬たちによって成り立っている国フウイヌム」の4ヶ国です。
それぞれを通して人間の愚かさを嘆いたガリバーは帰国後、妻や子どもにもそっぽを向き、高貴なフウイヌムの住人=馬とその後を過ごしたのでした。
実はこのガリバー旅行記は物語のようで、著者による当時のイギリス社会を痛烈に批判を示した本と言われています。

著=ぱんだにあ/『ねこむかしばなし』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //