天と地とねこはこうして創造された 「天地創造なねこ」/にゃんと!ねこむかしばなし(15)

#くらし 
神はねこをみて良しとされた

『にゃんと!ねこむかしばなし』15話【全15話】


嘘つくと鼻が長くなる男の子、最強の戦国武将、天竺を目指す一行などなど、誰もが知っている物語の人たち。昔懐かしい物語にねこが登場したら…?

誰もが知っている物語にねこが加わり、新たな展開になっていく癒やし系ストーリー『ねこむかしばなし』の続編『にゃんと!ねこむかしばなし』から、思わずニコニコしてしまうお話をお送りします。昔読んだ話を思い出しながら、見ると新しい発見があるかも…。

※本作品はぱんだにあ著の書籍『にゃんと!ねこむかしばなし』から一部抜粋・編集しました

◆天地創造なねこ その1

【画像を見る】天地創造なねこ その1

◆天地創造なねこ その2

天地創造なねこ その2

◆天地創造なねこ その3

天地創造なねこ その3

◆元となったむかしばなし

天地創造
天地創造はキリスト教の旧約聖書である『創世記』における世界の創造のことです。神様がこの世を作られた時、このような1週間を送ったと綴られています。
「1日目に神様は宇宙と地球を作りました。地球にはどこまでも闇が広がっていたので光を生み出し、昼と夜を設けます」、「2日目に神様は空を作りました」、「3日目には大地と海を作り植物をはやしました」、「4日目は太陽と月と星々を作ります」、「5日目に魚と鳥を作り、6日目には獣と家畜の他、自身と似た形をした動物こと人間を作られました」、「そして7日目。神様はお休みなりました」。

著=ぱんだにあ/『ねこむかしばなし』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)