洗濯物を干す前がお約束です!マスク時代の正しい「日焼け止めの塗り方」

#美容・健康 
教えてくれたのは▷水井真理子さん/トータルビューティアドバイザー。著書『水井真理子の寄り添い美容』(集英社インターナショナル)が好評発売中。

教えてくれたのは▷水井真理子さん/トータルビューティアドバイザー
幅広い年代の雑誌、web の美容ページで活躍。
肌のスペシャリストであり、美しさを磨く心の在り方も発信。
著書『水井真理子の寄り添い美容』(集英社インターナショナル)が好評発売中。


「マスクをつけているとどこか安心感があって、日焼け止めを塗らない、または塗り方が雑な人が増えています。

でも、表情が動けばマスクはズレますし、肌とのすき間からも紫外線はさし込んできます。

そもそもマスク内の肌は潤っているというより、ふやけている状態。

肌のバリア機能も低下した不安定なところに、紫外線の矢が全方位からダイレクトに刺さっていると考えると、肌へのダメージは相当です。

紫外線は肌の加齢を加速させますからシミやシワなどの心配も。

まずは、しっかり日焼け止めを塗りましょう。ただひとつ肌に朗報が。

おうち時間が増えたことで、この1年、紫外線を浴びる量はかなり少なかったはず。

畳みかけるように美白をすれば透明感アップのチャンス。今こそ始めどきです」(水井さん)


マスク生活の今、実は肌は無防備でキケン!

マスク生活の今、実は肌は無防備でキケン!!

▷マスク¥3,080/マニプリ ワンピース¥31,900、パンツ¥35,200/ティッカ ピアス¥17,600、リング¥14,300/シャルロット ウーニング(フラッパーズ)

マスクで隠れるからと日焼け止めを塗らないのはNG

紫外線は肌トラブルの元凶。マスクをつけていても一定量の紫外線は透過しているとのデータも。

適当にパパッと塗っている人も要注意。


マスクの摩擦によってシミが濃くなりやすい

目の周りは皮膚が薄く、シミやくすみが出やすい部分。

その上、マスクが当たってすれるとシミが濃くなったり、将来的にシワもできやすく。


マスクのつけ外しによって肌は逆に乾燥…バリア機能も低下している

マスクをつけている間は呼気によって水分を蓄えていますが、マスクを外した瞬間、一気に水分は蒸散し、肌は乾燥。

また、つけ外しによる摩擦も肌には刺激に。


次ページ:朝のケアが何より大事!洗顔後すぐの「ブースター美白」(2/3)

この記事に共感したら

Information

協力:ロート製薬ヤーマンプレミアアンチエイジング佐藤製薬富士フイルム








雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 6月号』情報はこちらから▼

続けられるダイエットレシピ満載!別冊付録は『はじめてのやせ筋トレ』/考えずにやせ献立が続く!1:2:3の黄金比ごはん/食べ過ぎた日の糖質オフ麺/私たちが老けずにやせるにはプロテインが必要でした!!/かのまん流 運動嫌いのためのおうちエクササイズ/2021レタスクラブ殿堂入り時短コスメ大賞/サーキュレーターの新お作法/コロナ新時代のやせる習慣/ちょっ子さん 癒しのコーヒータイム/立木先生!2021年下半期開運方法を教えて〜!/【とじこみ付録】人気YouTuber竹脇まりなさんと一緒にやせダンス!/とりむね・ささ身の最強レシピ/【別冊付録】『はじめてのやせ筋トレ』/【毎号付録】買い物メモ付き!1カ月分の献立カレンダーBOOK


おすすめ読みもの(PR)