「きみは相当訳ありだね?」秘密を知られた!? 謎の貴族が現れて…/現代OLが18世紀フランスにタイムスリップしたら2(6)

#くらし 
「相当訳ありのようだね」秘密を知られてしまい…

『ラ・マキユーズ~ヴェルサイユの化粧師~2』6回【全6回】

知力と技術で貴族社会をのしあがる、現代OLのタイムスリップ浪漫!

大手化粧品会社の開発部で着実にキャリアを築いていた琉花は、出張先のフランスで18世紀のパリにタイムスリップしてしまう。偶然、フランス一の髪結い師を名乗る男・レオナールに化粧品の性能と琉花自身の技術を買われ、なんとか衣食住を確保するが…?

美の革命期にあった当時のフランスで、その知力と技術を用いて奮闘する主人公の姿を描いた『ラ・マキユーズ~ヴェルサイユの化粧師~2』をお送りします。今回は第6回です。

※本作品はみやのはる著の書籍『ラ・マキユーズ~ヴェルサイユの化粧師~2』から一部抜粋・編集した連載です

【画像を見る】これまで会ってきた貴族とはどこか違う

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //