東京五輪選手村にオープンした「5G ラウンジ」が超最先端! こんな便利なサービスがいつか私たちの生活にも…

#くらし 
選手村ビレッジプラザにオープンした「ドコモ 5G ラウンジ」

もうすぐ開催される予定の東京2020オリンピック・パラリンピック。そんな中、先日、選手や関係者の生活の拠点となる晴海の選手村が公開されました。

選手村には選手たちが寝泊まりする居住棟や、国産の食材を用いた約700種類のメニューが振る舞われる食堂、そして新型コロナウイルスに感染した疑いがある人に向けた発熱外来なども完備されているそう。全国から提供された約4万本の木材を使って建てられた建物は、なかなか圧巻ですよ。(木材は大会後に解体され、再利用されるそうです)

この中で今回注目したいのが、選手村の一角にある交流施設「ビレッジプラザ」内にオープンしたインターネットラウンジ&カフェ「ドコモ 5G ラウンジ」。「ドコモならではのおもてなし」を提供するとのことですが、一体どんな施設なんでしょうか…?

写真で選んでスマホでスマートに注文! 最新サービスで密を防ぐ

施設内は木を基調にした広い空間。5Gの通信環境を整備したラウンジスペースや…

ネットスペースは選手が自由に利用できる空間

東京をイメージしたウォールアートの前で記念撮影ができるスペースもあります。

【画像を見る】落書きもOK!日本をイメージしたウォールアート

中でもこれは便利だな~と思ったのが、「オンライン注文サービス」。食べたい料理を自分のスマホを使ってキャッシュレス決済で注文できるシステムです。

2次元コードをスキャンするだけですぐ利用できる手軽さが魅力!

使い方はスマホで2次元コードを読み取り、専用のブラウザーを開いて、メニューを選択。料理は写真の中から選べるので、言語がわからなくても感覚的に注文できます。メニューが決まったら、オンラインで決済すればOK。これなら注文するために並ばなくていいし、混雑が避けられるので感染症対策にもなりそうです。

食べたい料理を写真の中から選択

このサービス、混雑しがちなフードコートとか、食券が必要な飲食店とか、私たちの日常でも使えたら便利そうな場所がたくさん! 日本中、どこにいっても行列に並ばずに手元のスマホでスマートに注文できる日も、もしかしたらそう遠くないかも…と考えると、ちょっと夢が広がります♪

「みえる応援電話」で、選手たちに応援メッセージを送ろう!

「ドコモ 5G ラウンジ」の中には、私たちが参加できるサービスもあります。

それが「みえる応援電話」。専用番号に電話をかけ、選手たちに向けた応援メッセージを吹き込むと、その声が音声認識機能で変換され、ビレッジプラザ内のディスプレイに文字として表示される画期的なサービスです。

「みえる応援電話」は8カ国語に対応。リアルなメッセージを選手たちに届けることができる

文字だけでなく、録音メッセージをヘッドフォンで直接聞くこともできます。心のこもった臨場感たっぷりのメッセージに、選手たちの士気もきっと上がるはず!

ヘッドホンをつけて競技を選択すると、応援メッセージが直接聞ける


応援メッセージを送りたい人は、スマホで「みえる応援電話」のインターネット上の特設サイトへアクセスを。最大15秒の応援メッセージを送ることができますよ。

通話相手の音声をリアルタイムに文字で表示してくれる「みえる電話」は、すでにアプリが開発されており、日常生活で使うことも可能。高齢者などの通話が聞き取りにくいと感じる人を中心に少しずつ広がり始めています。

今回のオリンピックはコロナ禍での開催となり、色々複雑な心境の人も多いかもしれませんが、この状況にふりまわされつつも努力を重ねてきたアスリートを応援したい気持ちは、きっと誰もが持っているはず! 感染対策のため、各国の選手たちが日本に滞在する期間は例年よりも短く、また外出もできないとのことなので、この選手村で少しでもリラックスし、日本を満喫してもらえたら…と願うばかりです。

文=齋藤久美子

この記事に共感したら

Information

NTTドコモ 東京 2020 スペシャルサイト

※「みえる応援電話」特設サイトはこちらからアクセス!


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //