「温室効果ガス」の排出量はどのくらい増えてるの?/誰かに話したくなる地球の雑学

#趣味 


誰かに話したくなる地球の雑学 144回


日本の裏側は本当にブラジル!? フグが自分の毒で死なないのはなぜ? きっと誰かに話したくなる理系のウンチクを、『人類なら知っておきたい 地球の雑学』から1日1本お届け!

◇◇◇

二酸化炭素が地球温暖化をもたらす真犯人!?


地球は、太陽の熱で暖められているのと同時に、地表からその熱を宇宙に放出している。地球の温度は、この二つのバランスによって決まっているが、その役目を果たしているのが温室効果ガスである。

地球の大気中に含まれる二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスは、地表から放出された熱の一部を吸収し、再び地表へと戻ってくる。こうした温室効果があるおかげで、地表の平均気温は、約15度という生物が住みやすい環境に保たれている。万が一、温室効果が失われると、地表の温度はマイナス18度前後になり、多くの生物は死に絶えてしまうことになるのだ。

しかし、18世紀半ばに始まった産業革命以来、大気中に排出される温室効果ガスは増加の一途をたどっている。石炭をはじめとする化石燃料を大量に使い、豊かな社会をつくる一方で、大気中に含まれる二酸化炭素の濃度は上昇。200年前には280ppmくらいだったものが、現在では370ppmを超えている。その結果、地表の熱が宇宙へと放出されにくくなって温暖化が加速し、1906年から2005年までの100年間で、世界の平均気温は0.74℃上昇している。

このように二酸化炭素は、地球温暖化の最大の要因とされているが、人間の活動がさかんになるとともに、大気中には二酸化炭素以外にも、メタン、フロンといった温室効果ガスが排出されてきた。特に、二酸化炭素よりも温室効果が高いメタンの放出量は、産業革命以降、149パーセントも増加。スプレーやエアコン、冷蔵庫などに使われている、オゾン層を破壊しない代替フロンも、温室効果が二酸化炭素の数百から1万倍程度といわれており、新たな解決策が模索されている。

著=雑学総研/『人類なら知っておきたい 地球の雑学』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //