私がミニマルな生活を始めたきっかけ/ミニマリスト、41歳で4000万円貯める(1)

#くらし 
暮らしと切っても切れない関係の「お金」について

『ミニマリスト、41歳で4000万円貯める そのきっかけはシンプルに暮らすことでした。』1回【全8回】


ミニマルに暮らすことで、自然とお金が貯まっていく。

お金の使い方は暮らしそのもの。知らず知らずのうちに膨らんでいるお金の使い方を、根本から変えるヒントを紹介してくれる『ミニマリスト、41歳で4000万円貯める そのきっかけはシンプルに暮らすことでした。』。著者・森 秋子さんは、お金がなくて試行錯誤した経験から、ミニマルに暮らす心地よさに気づけました。

必要なのは、節約ではなく、本当に好きなものだけを買うこと。節約しなくてもお金が貯まる、ミニマリストが明かすシンプルな法則とは? 生活でものを減らすコツ、日々の家計の管理の工夫、避けては通れない、老後や子育て費用についてなど、ミニマルに豊かに暮らすための生活に役立つヒントを紹介します。

※本記事は森 秋子著の書籍『ミニマリスト、41歳で4000万円貯める そのきっかけはシンプルに暮らすことでした。』から一部抜粋・編集しました

はじめに

 みなさん、こんにちは。現在41歳、非常勤職員として働いたり、ブログを書いたり、ちょっとしたバイトをしたり、主婦をしたり、そんな毎日を送っている森秋子と申します。

 25歳のときに、東京23区内に中古マンションを買い、住宅ローンを30歳前に完済。今は夫と子どもと猫2匹、そしてベランダにいる亀と暮らしています。30代の半ばで「ミニマリストになりたい秋子のブログ」をスタートし、シンプルな暮らしの楽しさについて発信してきました。私のミニマリスト生活については、これまでに出版した2冊の本に詳しく書いています。

 今回の本では、お金にスポットライトをあてています。
暮らしと切っても切れない関係の「お金」について、私なりに心を込めて向き合い、考えたことをまとめています。

 ミニマリストという肩書きは「倹約家で無欲な人」というイメージを持たれがちです。でも実際の私は、倹約家でもなければ無欲でもなく、「こんなふうに生きていきたい!」「自分の人生を素敵なものにしたい!」という欲求を強く持って生きています。

 そもそも私がミニマルな生活を始めたのは「自分の人生にとって本当に大切なものは何なのか?」「ぐちゃぐちゃに複雑化した自分の生活を整えたい!」と感じたのがきっかけでした。
 結婚して27歳で子どもを持った私は、いったんは仕事を退職。しかし、社会と隔絶されるかもしれないという危機感から、もがくような気持ちで医療系の資格を取るために専門学校へ入学しました。

 子育てと学業の両立に押しつぶされそうになっていたこの時期、私の生活はまさにカオス。週6日が学校の授業で埋まってしまい、子育ても休みのないマラソン状態でした。

 怒濤の忙しさの中、やらなくてはいけないことは山積みで終わりが見えず、夫婦ゲンカをしない日はないほど。あらゆるものに忙殺されていた私の中に、生活をもっとシンプルにしなくてはこの先やっていけない、という思いが湧き上がり、試行錯誤の末にようやくたどり着いたのが、ものの少ないミニマルな暮らしだったのです。

シンプルに暮らすことは、どんな節約よりも我が家の家計に効果的


 こんな経緯でスタートしたミニマリスト生活は、幸せの見つけ方や日々の充実感といった素晴らしい効果はもちろん、予想以上に「お金」にまつわるメリットをもたらしてくれました。

 シンプルに暮らすことは、どんな節約よりも我が家の家計に効果的でした。本当に「大切なもの」だけに囲まれる生活が、経済的な余裕につながり、カオスだった日常生活の中に安心感や優しさを取り戻せたのです。

 ムダな買い物でものが増えて、散らかった部屋を片付ける…という悪循環から抜け出せたとき、自分がいかに、ものの管理に時間とお金を取られ、メンタルを削られていたかを実感しました。
 ミニマルな暮らしで「自分の人生にとって本当に大切なもの」を守っていける、そんな予感もありました。

 ミニマルな暮らしを続けながら思っていたのは「お金を貯めなくては」という切羽詰まった気持ちではなく、「自分の人生を素敵なものにしたい!」という切実な願いです。
 その結果、41歳の現在、マンションの住宅ローンを完済し、4000万円の貯金を持つこともできました。

 「自分の理想の生き方」を実現するためには、絶対にお金が必要、というわけではないと私は思います。お金は、人生の満足度に関わるひとつの要素でしかありません。湯水のようにお金を使える大金持ちでも、虚しい気持ちで日々を過ごしているなら、それは単なるムダ遣い。反対に、自分が満足できる毎日を送っているなら、それは豊かな人生だと言えるのではないでしょうか。

 ここ数年、お金にまつわるトレンドはめまぐるしく変化していて、キャッシュレス決済やポイント還元、仮想通貨や老後資金などさまざまなトピックがニュースなどを賑わせています。そういった情報に振り回されすぎずに、心地よさや満足感を追い求めながらお金と上手に付き合っていくヒントを、この本に詰め込みました。

 ミニマルな生活は、自分らしく生きるため、そして満足感のある充実した日々を送るためのひとつの手段です。あなたらしい「ミニマルな生き方」を見つけてみてください。

著=森 秋子/『ミニマリスト、41歳で4000万円貯める そのきっかけはシンプルに暮らすことでした。』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //