初夜の寝室には多くの貴族が入ってきて…!? 理解できないフランス宮殿の規則と儀式/悲劇の王妃マリ・アントワネット(8)

#趣味 
当時のフランス宮廷には厳しい作法や儀式がいくつもあって…

『悲劇の王妃マリ・アントワネット』8回【全10回】


美しいドレスを着て盛り髪をしたきらびやかなフランス王妃、マリ・アントワネット。浪費を繰り返し、その最後はフランス革命で処刑された…ということはよく知られていますが、その悲劇の歩みを紐解いてみましょう。

アントワネットは神聖ローマ皇帝フランツ1世とオーストリア大公マリア・テレジアの娘で、誰からも愛されるような天真爛漫な少女でした。しかし、オーストリアとフランスの和平強化のための政略結婚によって人生は一変! 14歳で愛する母と別れ、遠くフランスへ。待ち受けていたのは、厳格なルールに縛られる宮殿での生活と、そっけない態度の結婚相手でした――。

教科書に書かれる「史実」に至るまでには、国の情勢と一人の女性・アントワネットの気持ちが深く絡み合っています。アントワネットの人生を知ることで、これまでの見方が変わるかもしれません。
『まんが人物伝 マリ・アントワネット 革命に散った悲劇の王妃』から「初夜の寝室には多くの貴族が入ってきて…!? 理解できないフランス宮殿の規則と儀式」をお送りします。

※本作品は東京大学教授・長谷川まゆ帆監修の書籍『まんが人物伝 マリ・アントワネット 革命に散った悲劇の王妃』から一部抜粋・編集しました

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //