自由で幸せ、楽しかったあの頃を思い出してしまう/いつもうっすら黒歴史(3)

#趣味 
私たちマッチ売りの少女みたい…

『いつもうっすら黒歴史』3話【全15話】


友達とうまくいかない、気まずくて学校に行くのが嫌だな…。誰しも一度は経験がありますよね。学校という限られた場所で自分の居場所を求めて必死にもがく姿や、クラスメイト達とは何か違う自分に戸惑いつつも成長していくエピソードの数々。すっかり大人になった私達でも、読み進むにつれ自分の学生時代を思い出し、懐かしさを感じたり、悩み多き思春期のモヤモヤ感に共感する人も多いのではないでしょうか。

封印したい学生時代のぼっち経験をコミカルなタッチで描き、Twitterで話題を集めたコミックエッセイ『いつもうっすら黒歴史』をお届けします。

※本作品はお肉おいしい著の書籍『いつもうっすら黒歴史』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //