早く見つければ、治療できる病気です!20歳を過ぎたら2年に1度『子宮頸がん検診』を受けよう!

#美容・健康 
子宮頸がんは検診で早く見つければ、決して怖くない、治療できる病気です。そのために知っておきたいことをご紹介します。

乳がんと並んで、近年子宮頸がんが急増中。

子宮頸がんは検診で早く見つければ、決して怖くない、治療できる病気です。

そのために知っておきたいことをご紹介します。

子宮頸がんをよく知るためのQ and A。子宮頸がんって、どんな病気?検診はいつ受けたらいいの?

Q 子宮頸がんってどんな病気?

A 実は、20〜30代の女性がかかるがんの第1位

子宮頸がんは子宮がん全体の約70%を占めていて、若い世代に多いのが特徴。発症のピークは40代となっています。

子宮がんは、子宮の入り口の頸部にできる子宮頸がんと、子宮の奥の子宮体部にできる子宮体がんの2つに分けられます。

子宮頸がんは子宮がん全体の約70%を占めていて、若い世代に多いのが特徴。

発症のピークは40代となっています。

日本は検診率やワクチン接種率が低く、先進国の中で唯一、増加傾向にあります。

出典: 国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(全国がん罹患モニタリング集計(MCIJ))(1975~2015年)


Q 子宮頸がんの原因は?

A 体質や遺伝ではなくHPVというウイルスが原因です

原因は、性交渉によって感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスの場合がほとんど。

HPV自体はありふれたウイルスで、ほとんどの場合は感染しても自然に排出されますが、約10%の人が持続感染し、子宮頸がんへと進行します〈*1〉。

一度でも性交経験があればリスクがあり、一人の相手とだけの性交渉でも感染する場合があります。

〈*1〉 Ho, GYF. et al.: Natural history of cervicovaginal papillomavirus infection in young women. N Engl J Med,338: 423, 1998.


Q どんな症状があるの?

A 進行がんになるまで症状はほとんどありません

子宮頸がんは、初期や少しだけ進行した段階ではほとんど自覚症状がありません。

検診を受けなければまず気づくことができないので、症状が出る前に定期的な検診で早期発見することが重要です。


Q どんな治療をするの?

A がんの進行によって治療が違います。早期であれば90%以上治すことが可能に

進行したがんでは、子宮を摘出する手術や放射線療法や化学療法などを組み合わせて治療します。

初期であれば、簡単な手術で処置ができ、子宮も残せて妊娠も可能です。

早期で発見し、適切な治療とフォローが行われた場合は、再発・転移することは極めて少ないといわれています。

Q 検診ではどんな検査をするの?

A 「細胞診検査」と「HPV検査」の2種類があります

綿棒やブラシで、子宮頸部の細胞を採取して検査。

一般的には細胞診検査といって、子宮頸部の細胞の変化を調べます。

また近年では、HPVの感染の有無を調べるHPV検査も注目されています。

海外では、細胞診検査とHPV 検査の併用や、HPV 検査で陽性の場合に細胞診をすることも。

HPV検査では、超ハイリスク型ともいわれるHPV16型と18型への感染が確認できる方法もあります。

子宮頸がん検診には、「細胞診検査」と「HPV検査」の2種類があります。



Q 検診は、いつ受けたらいいの?

A 20歳を過ぎたら、2年に1度、検診を

HPV感染から子宮頸がんに進行するまでに約5年~数十年かかるので、定期的な子宮頸がん検診で早期発見も可能。

職場や自治体によっては、検診費用の全額または一部を助成してくれるところもあります。

まずは住んでいる市区町村、勤め先の制度をチェックしてみて。


Q HPV検査を受けるにはどうしたらいいの?

A 一部の自治体や健診センターで導入も

HPV検査による検診は、細胞診と比べてがんに進行することのある「異形成」のリスクがある人を多く見つけられ、陰性の場合、次回の検診までの間隔を延長できるというメリットが。

検診方法は「HPV検査単独法」と、細胞診法とHPV検査を同時に行なう「細胞診・HPV検査併用法」の2種類。

現在日本では、20歳以上の女性に対し、厚生労働省が定めている「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」によって、2年に1度の細胞診単独法を基本としていますが、一部の自治体や健診センターではHPV単独法に先行し、併用法が導入されています。

興味があれば問い合わせてみましょう。

「あかずきん.jp」は、子宮頸がんとその検診について詳しく知ることができる、女性のためのサイト。

「あかずきん.jp」は、子宮頸がんとその検診について詳しく知ることができる、女性のためのサイト。

子宮頸がんの基礎知識はもちろん、リスクチェックや検診の申し込み先チャート、体験談など役立つコンテンツが豊富。

まずは詳しく知ることから始めて!


【レタスクラブ/PR】

イラスト/かとまり 編集協力/松崎祐子

この記事に共感したら

Information

「あかずきん.jp」は、子宮頸がんとその検診について詳しく知ることができる、女性のためのサイト。
「あかずきん.jp」は、子宮頸がんとその検診について詳しく知ることができる、女性のためのサイト。


お問い合わせ:ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社HP

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //