両親の離婚を受け入れた僕。子どもながら、父も母も不倫していることがわかっていて…/母さんがどんなに僕を嫌いでも(7)

#趣味 
施設から帰った日に母から聞かされたこと
施設から帰った日に母から聞かされたこと

母さんは、美しくて、そしていつもちょっとかわいそうでした――。
著者・歌川たいじさんの凄絶な生育歴と母親との確執を描き、多くの人の感動を呼んだ伝説的コミックエッセイ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(KADOKAWA)8回連載でお送りします。今回は第7回です。

おすすめ読みもの(PR)