高校時代、元同級生はクラスの人気者で別次元の人だった/私の息子が異世界転生したっぽい(4)

#趣味 
学校でも人気者だった元同級生…俺とは別次元の人間だった

『私の息子が異世界転生したっぽい』4回【全8回】

「私の息子が異世界転生したっぽい」17年ぶりに再会した美しい元同級生の第一声がそれだった。何でも3カ月前に高校生の息子を事故で亡くしたが、息子ともう一度話すために「異世界転生の方法を探りたい」と言う。

現実とフィクションの区別が付かなくなっている? と不安を抱えながらも、「オタク気質」という理由だけで頼られた俺は、異世界転生の方法を彼女と一緒に探ることに。突然息子を亡くした母の悲しみの行く末は――。
『私の息子が異世界転生したっぽい』(KADOKAWA)を8回連載でお送りします。今回は第4回です。

※本作品はかねもと著の書籍『私の息子が異世界転生したっぽい』から一部抜粋・編集しました

人気者でいつも誰かに囲まれてる「古橋さん」

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //