これから必要になる教育費、老後の資金…今の状況だと貯められません!どうしたらいい?【お悩み相談】

#くらし 

夫との関係、義実家との付き合い、仕事やキャリア、ママ友などの人間関係……。毎日がんばって生きていると、悩みは尽きませんよね。そんなお悩みに、専門家がアドバイス。
■相談者プロフィール

かなたん(40歳女性)

お金のやりくりに悩む40歳。老後の資金が足りるかものすごく不安です。

お悩み相談


40歳の主婦です。子どもは小学4年生と2年生の2人で、主人は45歳です。まだもう少し先のことではありますが、主人はいつ退職するのか退職金はもらえるのか。退職してから年金がもらえるまでどのくらいの年数があるのかなどをぼんやりと考え始めました。

恐らくなのですが、主人の会社は65歳定年で、退職金はそこまで多くはないだろうと思っています。退職金を老後のメイン、もしくは足しに考えておくには心もとない程度の金額ではないかと聞かされています。

そうなると、本来なら常日頃から将来に向けて備えていかなければならないのですが、お恥ずかしながら、我が家には貯金が余りありません。5年ほど前に住宅を購入した際に、ほとんど頭金で使ってしまいました。住宅ローンも残りまだ30年はあります。

普段の生活費も、子どもたちの食事量が増えてきましたし、衣服代や習い事などでそこそこの出費に毎月なっていっています。なので、毎月のお給料から貯金を増やしていくのもなかなか難しく、その月を赤字にならないようにするだけで正直いっぱいいっぱいな状況です。

更に、ローンの残金、私たちの老後の資金も気になりますが、これから子どもたちの教育資金がかかる年代に差し掛かります。塾に通うとものすごい金額が掛かるなんて噂話も聞いています。毎月のお給料はそれほど高いわけではなく、生活に余裕があるわけでもないので、
「教育資金」「老後の費用」「住宅ローン返済」と3つの大きな費目を考えると頭が整理できなくなってしまいます。

我が家のような貯金も生活費も余り余裕がない家庭の場合、何を優先的に貯めていけばいいですか? 貯め方のコツなどがあれば、是非教えて頂きたいです。どうぞアドバイスよろしくお願い致します。

まずは教育費を貯めるため、家計の見直しを


教育費や住宅費、老後資金など、必要なお金について考えると、金額が大きくて不安になりますね。つい後回しにしがちですが、きちんとお金と向き合うことができて、よい機会だったのではないかと思います。

住宅ローンはすでに支払い中でしょうから、今から新たにお金を貯めるならば教育費です。老後資金も大切ですが、まずは目先の教育費を貯めましょう。そのために、家計で節約・見直しできる箇所がないか確認してください。不要な保険に加入していないか、光熱費や通信費のプランは適当か、停止できるサブスクサービスはないか等チェックして、節約できた資金を貯金に充てましょう。

また、賞与があれば賞与からも貯金をするようにし、少しずつでもよいので貯められるようにしてください。大変かもしれませんが、ご家族のために少しだけがんばってみてくださいね。

■回答者プロフィール

安田 ともよ

大学で心理学を学び、卒業後は金融機関へ就職。FP2級取得済み。主に投資や金融系記事を執筆。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //