フタのあかないマスカラに12年以上前の口紅…「捨てられない」は自分の言い訳だった!?/1ヵ月で断捨離(6)

#くらし 
他人軸やモノ軸で考えるのはそっちのほうが楽だからなんだろうなぁ

『1ヵ月で断捨離』6回【全6回】


「スッキリきれいな部屋を保ちたい!」そう思ってはいても、仕事が忙しかったり、家事や育児に追われていると、つい片付けや掃除があと回しになりがちですよね?

イラストレーターのなとみみわさんは、アラフィフで一人+愛犬一匹の新生活をスタート。以前住んでいたマンションはモノであふれていたため、新居はお気に入りの北欧家具をそろえたゆったり空間に。しかし…半年たたずして、テーブルもソファも床も、どこもかしこもモノだらけ!? そんななとみさんを変えたのは、「断捨離」の提唱者・やましたひでこさんとの出会いでした――。

モノを捨てるときに悩んで片付けが進まない、「欲しい」と思ったらすぐモノを買ってしまう…そんな方は多いと思いますが、モノとの向き合い方を考えるきっかけになります。
なとみみわによる実録コミックエッセイ『1ヵ月でいらないモノ8割捨てられた! 私の断捨離』(講談社)から、「フタのあかないマスカラに12年以上前の口紅…『捨てられない』は自分の言い訳だった!?」を紹介します。

※本作品はなとみみわ著、やましたひでこ監修の書籍『1ヵ月でいらないモノ8割捨てられた! 私の断捨離』から一部抜粋・編集しました

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //