小説家になって父を見返す…書く理由も自分も見失って。そんな時に声をかけてくれたのは…/小説王(8)

#趣味 
俺に勘違いをさせてくれた

『小説王』8回【全8回】

三流編集者と売れない作家の「書くべき物語」とは?

大手出版社の文芸編集者・俊太郎と、華々しいデビューを飾ったものの鳴かず飛ばずの作家・豊隆は幼なじみ。豊隆の企画を通そうとする俊太郎だが、編集長の交代でそれが上手くいかないまま時間だけが過ぎていき…。

小説をめぐる現実と葛藤、希望を描く、出版業界熱血バディ・ストーリー『小説王』をお送りします。今回は第8回です。

※本作品は大沢形画著、早見和真原作の書籍『小説王』から一部抜粋・編集しました。

書く意味を奪われた

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //