宅配物の段ボールやコードが絡まりやすいドライヤーはどうすれば?「ゆる片づけ」テクにお任せ!
宅配物が届いたら、玄関まわりで処理。段ボールは畳んで玄関の目につかない場所へ

気がつくと玄関やリビングにたまりがちな宅配物の段ボールやDMなどの郵便物。コードが絡まりやすいドライヤーも収納法には悩むところ。そこで、そんなささやかだけど実は“スッキリ!”の敵になりやすいものの解決法を、整理収納アドバイザーのEmiさんに伺いました。


●宅配物の段ボールはリビングに持ち込まない

宅配物が届いたら、玄関まわりですべて処理するのが、あとでラクする片づけ法。「商品はそれぞれの収納場所にしまい、梱包のゴミはゴミ箱へ。段ボールは畳んで、玄関横の鏡の裏へ。資源ゴミの日にまとめて出します」。

●DMなど不要な郵便物

宅配物と同様、玄関で処理。靴箱の中にゴミ箱をスタンバイさせて、不要なものをその場で処分します。

●ドライヤーはコードもまとめずざっくり引き出しにイン

使うたびにほどいてまとめるドライヤーのコード。この手間を省くべく、コードはまとめずそのまま収納。「ここにしまうのはドライヤーだけ、がルール。引き出しをあけたら、すぐにコードをコンセントに挿せて、時短にも」。

なるほど、不要なものは「持ち込まない」ルールにすれば、片づける必要もなし! 絡まりがちなコード問題は「単独収納」でクリア。あれもこれも欲張らず、シンプルにすることが大切なのかもしれませんね。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】