子どもの脱ぎっぱなし、置きっぱなしを解消する「ゆる片づけ」テク
子どもがぴったり靴を置きたくなるマークを玄関に

「ただいま~!」と子どもが帰ってきたあとの玄関。靴は脱ぎっぱなし、上着や帽子は置きっぱなし……というお宅も多いよう。ママがせっせと片づけなくてもいいようにするには、どうすればいいか。整理収納アドバイザーであり、2児のママでもあるEmiさんに教えてもらいました。


●靴は脱いだら楽しいマークに合わせて

「靴を揃えて~」といわなくても、ぴったり置きたくなっちゃう、“くつおきマーク”は、OURHOMEとGakkenのコラボ商品。「ちょっとした仕かけで、子どもが自主的に。ママの手間も減りますよ」。

●アウターは玄関の棚下にポイポイ収納

子どもの上着や帽子も、脱ぎっぱなし、置きっぱなしで「イラッ」としやすいアイテム。それを避けるため、玄関の靴箱下に、収納を用意。「脱いだらポンと突っ込むだけ。このラクチンなワンアクションがうまくいくコツ!」。

子どもの自主性を引き出し、育てるには、ママのちょっとした仕掛けが大切。“きっちり”ではなく“ポイ”でOKにすることが、ママがラクできる「ゆる片づけ」のポイントなんですね!

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】