コロナ禍で注目! OTC医薬品を正しく使って「セルフメディケーション」を実践しよう

#美容・健康 
軽い病にかかった時は市販薬などを飲むなどして自分で治す人が増えているそう

「セルフメディケーション」という言葉を聞いたことはありますか? 

軽い身体の不調は自分で手当てしよう、という考え方のことで、コロナ禍の中、軽い病にかかった時はOTC医薬品(医師の処方箋がなくても薬局やドラッグストアなどで購入可能な医薬品)を使用するなどして自分で治す人が増えているそうです。

我が家もコロナ禍以降は不要不急の受診を控え、軽いケガやちょっとした体調不良についてはOTC医薬品で乗り切ることが増えました。

このOTC医薬品がセルフメディケーションにどう役立つのか、正しい使い方などを楽しく学んでもらおうと、10月8日・9日に「よく知って、正しく使おうOTC医薬品」というOTC医薬品普及啓発イベントが行われました。

医薬品メーカー各社が集結

今回で14回目を迎える同イベント。会場となる神田明神の御祭神であるえびす様はその昔、小舟に乗って日本に医薬の道を伝えられたと言われていることから、同会場での初開催に至ったのだそうです。今年はリアルとオンラインのハイブリッドで開催され、約3万人が参加しました。

会場となった神田明神文化交流館

イベント実行委員会 実行委員長の藤井隆太さん


会場では、OTC医薬品メーカー各社がブースで主力製品群を紹介・PRするほか、YouTubeを通じた製品紹介やプレゼン、試供品の提供などが行われました。また、家庭薬メーカーのゆるキャラとのグリーティングなども行われ、セルフメディケーションにおけるOTC医薬品の役割や、正しい知識・使い方などについて広めました。その様子は、YouTubeのアーカイブ動画で公開されているので視聴してみてくださいね。

メーカー各社によるプレゼンも行われた

 

会場ブースではメーカー各社の主力製品を紹介

長引くコロナ生活でセルフメディケーションは今後も広く浸透していきそうです。OTC医薬品についてよく知り、家族の健康のためにもセルフメディケーションを実践してみませんか?

文=秋武宏美

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //