なんでずっと家にいるの?いつまでたっても働かない夫、どんどん減っていく貯金/無職の夫に捨てられました(6)

#趣味 
夫が家にいるのがつらい

『無職の夫に捨てられました』6回【全10回】


ある日突然、夫に離婚を言い渡されたら…あなたならどうしますか?
コミックエッセイ『無職の夫に捨てられました』の著者・黒田カナコさんの夫は無職で、一度や二度ではなく三度目の無職でした。

体調が悪く寝込んでいた夕方、「あ、嫁ちゃん 話があるんだけど。リコンして」と切り出してきた無職の夫。これまでケンカをするたびに離婚という発言を繰り返してきた夫に、「またか」と思ったのですが…。
「離婚してくれないなら調停にするけど貯金半分持っていかれれるから嫌でしょ? とりあえず40万くれればいいよ?」と謎の上から目線! 子どももいるのに…? 身勝手すぎる夫の態度に唖然とする黒田さん。

過去を振り返ると、夫は「仕事辞めてゆっくり休むことにした」と相談もなく辞めてしまい無職に。腰痛を理由に、家で家事もせずゲーム三昧、そして家計は火の車。いつまでたっても働かない上、家族のことをまったく顧みない自分勝手な夫の態度に耐えかねた妻の覚悟とは…。

現在は息子と幸せに暮らすシングルマザーの著者が、元夫との離婚の経緯や息子の成長を描いたこの作品から『なんでずっと家にいるの?いつまでたっても働かない夫、どんどん減っていく貯金』のエピソードをお届けします。夫との向き合い方を、改めて考えるきっかけになるかもしれません。

※本作品は黒田カナコ著の書籍『無職の夫に捨てられました』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //