「孝、もう死んでるやん!」身元不明のままバイク事故で逝った16歳の弟。事故の瞬間何があったのか

#くらし 
元気に出て行ったのに…あの時声をかけていれば


ほんの2分ほどのお昼のニュースで流れたのは、弟の死を伝えるものでした。
どこにでもあるような家族の風景が、警察からの一本の電話によって一瞬にしてもろく崩れ去ることに…。
職人気質でお酒を飲むと財布のヒモがゆるくなる父、肝が据わっていてよその子でも平気でしかり飛ばす母、思春期をこじらせて素直になれない姉、そしてヤンチャだけど誰からも好かれた弟。
肉親を突然失ったある家族が、再び歩き出せるようになるまでをつづったノンフィクションコミックエッセイ『16歳で帰らなくなった弟』を執筆したきむらかずよさん。現在は3人のお子さんの子育てをしながら、保育士をされています。

きむらさんが17歳の時、16歳だった弟が突然のバイク事故で死亡。
「息子さんが事故に遭われまして…。もしかしたら容体が危ないかもしれません…」警察からの深夜の知らせに、慌てて父と母と病院に駆けつけるも、そこには冷たくなった弟が…。警察が電話してきた時にはすでに亡くなっていたという衝撃の事実でした。

事故の日の夜、弟さんの部屋には友達の女の子が遊びに来ていて、壁一枚向こうの部屋から楽しそうな声が聞こえていたそうです。2人がきむらさんの部屋を通り過ぎていく瞬間、なぜか胸騒ぎが。
「2人に『どこ行くの?』と聞こうと思ったのですが邪魔したら悪いな、と思って声をかけませんでした。あの時1分1秒でも呼び止めていたら…そのことをずっと後悔しています」と語るきむらさん。
家族との「普通の毎日」は、ある日突然なくなってしまうこともある…。当たり前が当たり前じゃないということを考えさせられます。

弟が突然死んだ。崩れゆく家族の中で…

この記事に共感したら

Information

著者ブログ:https://ameblo.jp/kimu-kimu1116/
著者Twitter:https://twitter.com/kmk11161/


人気連載『16歳で帰らなくなった弟』の続きは書籍で!

16歳で帰らなくなった弟
弟の最後の言葉を聞いた友人の証言、警察で見た分厚い調書……。レタスクラブ連載で描かれた日々のその後のエピソードを、ボリュームたっぷり描き下ろし70ページ超でお届けいたします。
書籍『16歳で帰らなくなった弟』は10月22日より発売中!




▼大人気漫画を無料で試し読み!連載まとめ一覧▼

他の無料試し読み作品


▼「コミックエッセイ」Instagramはじめました!▼
インスタ


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //