「このはしわたるべからず」また意地悪をしていると思っていたら… 「ねこのとんち話」/ねこむかしばなし(6)

#趣味 
真ん中を歩けば問題ありませんね

ねこむかしばなし 6回【全21回】

誰もが知ってるあのお話にねこが加われば、笑いと癒やしがあふれ出す!?

桃太郎、シンデレラ、一休さんなど、誰もが知っているような有名な昔話や童話にねこが参戦! 昔話にかわいらしさ、ふてぶてしさ、愛くるしさを兼ね備えたねこたちが加わることで、よく知る物語は新たな展開に発展して…!?

「もしも誰もが知っているあのお話にねこが登場したら?」を描いた、童話×ねこの癒やし系ねこまんが『ねこむかしばなし』をお送りします。今回は第6回です。

※本作品はぱんだにあ著の書籍『ねこむかしばなし』から一部抜粋・編集した無料試し読み連載です

◆ねこのとんち話

桔梗屋さん…


◆とんちばなしのねこ

屏風の虎を捕まえてみせよ

◆元となったむかしばなし

一休さん
むかし一休というとんちが得意なお坊さんがいました。
様々な逸話を残しており、お寺の和尚さんが毒であると嘘つき、隠し持っていた水飴を全部食べた時は、和尚さんのツボをわざと壊して「責任を取って毒を飲んで死のうと思った」と言う。
橋の目の前に「このはしわたるべからず」と意地悪な立て札があった時は「はしではなく真ん中を歩けばいい」と、堂々と真ん中を歩く。お城のお殿様に夜な夜な出てくる屏風に書かれた虎を退治しろと言われた時には「ではまずこの虎を屏風から出してください」と言い放つ。など、今でも語り継がれています。

著=ぱんだにあ/『ねこむかしばなし』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //