その声は我が友…!? 変わり果てた友人の姿を前にして 「山月記のねこ」/ねこむかしばなし(18)

#趣味 
その声は我が友李徴ではないか?

ねこむかしばなし 18回【全21回】

誰もが知ってるあのお話にねこが加われば、笑いと癒やしがあふれ出す!?

桃太郎、シンデレラ、一休さんなど、誰もが知っているような有名な昔話や童話にねこが参戦! 昔話にかわいらしさ、ふてぶてしさ、愛くるしさを兼ね備えたねこたちが加わることで、よく知る物語は新たな展開に発展して…!?

「もしも誰もが知っているあのお話にねこが登場したら?」を描いた、童話×ねこの癒やし系ねこまんが『ねこむかしばなし』をお送りします。今回は第18回です。

※本作品はぱんだにあ著の書籍『ねこむかしばなし』から一部抜粋・編集した無料試し読み連載です

◆山月記のねこ その1

り 李徴~!


◆山月記のねこ その2

そうして気づくとこの姿になっていたのだ

◆元となったむかしばなし

山月記
むかしの中国に李徴という人がいました。李徴は若くして科挙に合格し、地方役人を務めるほどの人物でしたが、詩人として生きていくことにします。
しかし、詩の才能には恵まれていなかったようで、家族を養うため再び役人となりました。周りはかつて見下していた人ばかり。李徴は耐えられなくなり、野山へと駆け出していきました。李徴のあとを追った友人の袁傪は虎に出会います。虎が草陰でぼそっと発した一言に「その声は我が友、李徴ではないか?」と問いかけました。
虎になった李徴は「自分は尊大な羞恥心と臆病な自尊心のせいで化け物になってしまった。妻と子をよろしく頼む」と袁傪に話し、そのまま草むらに消えていったのでした。

著=ぱんだにあ/『ねこむかしばなし』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //