あの島に向かってくれ! 声で人を惑わせる魔物の正体「オデュッセウスとセイレーンなねこ」/にゃんと!ねこむかしばなし(12)

#趣味 
声で惑わせるねこ

『にゃんと!ねこむかしばなし』12話【全15話】


誰もが知っている物語の登場人物たち。実はみんなねこが大好きだった!?

嘘つくと鼻が長くなる男の子、最強の戦国武将、天竺を目指す一行などなど、昔懐かしい物語にねこが登場したらどうなるのか。誰もが知っている物語にねこが加わることで、新たな展開になっていく癒やし系ストーリー『ねこむかしばなし』の続編『にゃんと!ねこむかしばなし』をお送りします。

昔読んだ話を思い出しながら読んでみると、何か新しい発見があるかも…?

※本作品はぱんだにあ著の書籍『にゃんと!ねこむかしばなし』から一部抜粋・編集しました

◆オデュッセウスとセイレーンなねこ

オデュッセウスとセイレーンなねこ

◆元となったむかしばなし

オデュッセイア
昔、オデュッセウスという人が航海をしていたところ、セイレーンという人の頭に鳥の体を持つ怪物がいるという島の側を船が通過することになりました。セイレーンの歌を聞いた人は記憶がなくなってしまい、そのまま怪物の餌になってしまいます。
ですがオデュッセウスはその歌をどうにかして聴いてみたいと考えます。そこで自分以外の船員の耳をロウで塞ぎ、自分自身は船の帆に縛り付けて通過するという作戦を実行しました。
結果、オデュッセウスはセイレーンの歌声がする方向に進むのだと暴れたものの、何も聞こえていない船員がそのまま通過してくれたので事なきを得たのでした。

◆アルゴナウタイなねこ

アルゴナウタイなねこ

◆元となったむかしばなし

アルゴナウタイ
アルゴナウタイはギリシア神話において翼の生えた黄金の羊を求めて航海をした英雄たちのことを指します。
様々な英雄がアルゴーという船に乗って旅をしたので、彼らを総称してアルゴーの船員という意味のアルゴナウタイと呼ばれたと言われています。船長であるイアーソーンは王位につかせてもらうという約束を王と交わし、4ヶ月にも及ぶ航海の末、黄金の羊を手に入れました。
しかし、王はイアーソーンが帰ってくるはずがないと思っていたため、約束は反故。イアーソーンは復讐を企て、それに成功するまではよかったのですが、その噂が広まったため彼は腫れ物扱いをされるようになり、そこからは何をしても上手くいかず、疲れ果てて亡くなったのでした。

次ページ:フィンとディルムッドとねこ(2/2)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //