出し入れ簡単! ズボラ収納でリビングを快適空間に

1日の大半を過ごすリビングは、インテリアにもこだわりたい場所です。でも、新聞や雑誌、テレビのリモコン、家族の私物など、細々したモノで雑然としてしまうことが悩みの種……。賢くて手軽な収納テクニックで、快適なリビングを取り戻しませんか?

4月5日に発売された収納スツール「150-SNCBOX6_7シリーズ」は、スツール・収納・オットマン(足置き台)の3通りの使い方ができる便利な収納アイテムです。

普段は座面になるフタを開けると、新聞やA4サイズの雑誌などをスッポリ収納可能。ポンポンと放り込むだけで片付けが完了するので、突然の来客も安心です。よく使う小物類は、クローゼットに仕舞い込まずにこのスツールに入れておけば、必要なときにサッと取り出せます。

折りたたみ式ながら、座面の耐荷重は約100kgとガッチリ。クッション部分も約2cmあるので、スツールとしての座り心地は快適です。ソファの傍に置けば、オットマンとしてのびのびと足を伸ばすこともできます。

商品ラインアップは、シンプルデザインの通常タイプと、座ったまま中身を出し入れできる引出し内蔵タイプの2種類。カラーも3色展開で、リビングや寝室、子ども部屋など、部屋の雰囲気に合わせて選べます。

また、模様替えや引っ越しなどで、スツールの置き場所が無くなってしまった場合でも、スツール自体をコンパクトに折りたたんでしまえるので安心ですよ。

隠すだけの「ズボラ収納」で、美しい部屋に暮らしませんか?

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】