油汚れには「セスキ水」をシュッ! キッチンのベトベト汚れが魔法みたいにスッキリ/すごい!セスキ掃除(2)

#くらし 
油はねやふきこぼれで汚れたコンロもセスキできれいに!

『すごい!セスキ掃除』2回【全8回】


100円ショップやドラッグストアで見かける「セスキ炭酸ソーダ」、通称「セスキ」。
セスキって聞いたことはあるけど、どこにどうやって使うの…? と思っている方は多いでしょう。実は、セスキはリビング、キッチン、浴室、トイレ…家中をスッキリきれいに掃除できる万能アイテム。価格もリーズナブルなので、毎日気軽に使うことができます。

使い方も簡単で、基本の「セスキ水」を作って、汚れが気になる箇所にシュッとひと吹きするだけ! 気づいた時にサッと掃除できるので、清潔なお家がキープできます。

今大注目のエコ系洗剤・セスキ炭酸ソーダのお掃除テクニックを徹底紹介! 石鹸百科監修『すごい!セスキ掃除 これ1本で家中ピカピカ!』(KADOKAWA)から、「油汚れには「セスキ水」をシュッ! キッチンのベトベト汚れが魔法みたいにスッキリ」を紹介します。

※本作品は石鹸百科監修の書籍『すごい!セスキ掃除 これ1本で家中ピカピカ!』から一部抜粋・編集しました

セスキ水について

いろんなところに置いておくと便利!

セスキで掃除するときは、粉末のままではなく、水に溶かして使います。セスキ水のつくり方、使い方について紹介します。

セスキ水のつくり方

準備するもの

準備するもの
・セスキ
・計量カップ
・計量スプーン
・スプレーボトル(500ml)
・水

つくり方

透明になるまでスプーンでかき混ぜる

500mlの水道水に、セスキ小さじ1(5g)を入れ、透明になるまでスプーンでかき混ぜる。

スプレーボトルにセスキ水を入れる

スプレーボトルにセスキ水を入れる。

セスキスプレーの完成

セスキスプレーの完成!
2、3か月以内がベストですが、長くても半年ぐらいで使いきりましょう。

キッチン編

見るたびに気持ちのよいキッチンを維持できます

毎日の食事をつくり、後片づけをするキッチンは、油や食材、水あかなどで汚れやすい場所です。キッチンがきれいなら、料理にも力が入りますよね。セスキで掃除をすれば見るたびに気持ちのよいキッチンを維持できます。

油汚れに強いセスキは、コンロまわりで大活躍

【ガスコンロ】

油はねやふきこぼれで汚れたコンロもセスキできれいに!

コンロにセスキスプレーをふきかける

油はねやふきこぼれで汚れたコンロに、セスキスプレーを全面的にふきかけます。とくに汚れがひどい場合は、たっぷりとふきかけて、しばらく放置します。

汚れがひどい場合は割り箸でこそげとる

汚れがひどい場合は割り箸でこそげとる

セスキで汚れがゆるんだら、スポンジで磨いていきます。こげや油など、汚れがひどい場合は、割り箸の角を使って、こそげとります。

セスキスプレーをふきかけた、ぬれぞうきんでふきます

ぬれぞうきんでふく

ひと通り汚れが落ちたら、あとはセスキスプレーをふきかけた、ぬれぞうきんでふきます。ひどい汚れの場合は、二度ぶきします。

【コンロまわり】

セスキスプレーをふきかける

セスキスプレーをふきかける

セスキスプレーをふきかけて、ぬれぞうきんでふきます。ガンコな汚れはセスキ水をふきかけて10分ほど放置してからふきます。

ぬれぞうきんで軽くふくだけで簡単にきれいになります。

油などが飛び散った壁をふく

上から下にかけてセスキスプレーをふきかけて10分ほど放置。油汚れがスルスルと溶けていくので、ぬれぞうきんで軽くふくだけで簡単にきれいになります。

手あかで汚れたコンロ下をふく

手あかで汚れたコンロ下をふく

コンロ下は、水や油、食材などが飛び散って汚れる場所です。セスキスプレーをふきかけて、ぬれぞうきんでふきあげます。

【セスキを使用するときの注意事項】

・肌が弱い人はゴム手袋の着用をおすすめします。
・白木や畳、アルミ製品は変質・変色する恐れがありますので、使用しないでください。
・長時間セスキ水でぬれたままにしないでください。塗装物、金属はすぐに水ぶきしてください。
・誤って飲み込んだ場合、目に入った場合は、清潔な水で十分にすすぎ、痛みなどが残る場合は、医療機関に相談してください。

監修=石鹸百科/『すごい!セスキ掃除 これ1本で家中ピカピカ!』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //