優しくて、そのギャップがずるい。彼としてではなく、上司として慰められて…/隣人は鬼畜上司~溺愛マンション暮らし~(10)

#趣味 
もっと優しくして欲しいと言ったら

『隣人は鬼畜上司~溺愛マンション暮らし~』 10回【全10回】

その日、家の前でうずくまっていたのは「鬼畜課長」と噂のイケメンだった!?

社会人4年目の水無月莉音。彼女はある日、自宅の廊下の前に倒れているイケメンを見つけて介抱するも、泥酔した彼にキスをされてしまう。翌朝、酔いから覚めた彼にもらった名刺には、なんと「鬼畜なイケメン」として有名な自社の上司・遠野の名前が書かれていて…。

会社では上司と部下、部屋は隣同士。最初は遊びだった2人が次第に距離を縮めていく様子を描いた『隣人は鬼畜上司~溺愛マンション暮らし~』をお送りします。今回は第10回です。

※本作品は島藤ゆかり作画、樋口藍花原作の書籍『隣人は鬼畜上司~溺愛マンション暮らし~』から一部抜粋・編集しました

今日はよく頑張ったよ

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //