「畳は床じゃない」って!? ロシア生まれの彼の謎理論/自己肯定感0の私とロシア生まれの彼が出会ったら(6)

#趣味 
タタミは床じゃないから

『自己肯定感0の私とロシア生まれの彼が出会ったら』6話【全9話】


自己肯定感ボロボロの私を変えたのは、異なる価値観の彼との出会いでした。
「僕は本当に思ったことしか言わないよ。それを否定されたら、僕のことまで否定されているみたいだ」
ああ私、この人といる時は、【言葉の裏】を読んで卑屈になる必要がない――。

理不尽な父親と余裕のない母親に育てられ、自己肯定感が極端に低かったというはりさん。
だけど、ロシア生まれの「彼」に出会い、愛情深い彼の言動に癒やされ、自己肯定感に気づいていきます……。
SNSで大人気のコミックエッセイ、待望の書籍化。『自己肯定感0の私とロシア生まれの彼が出会ったら』から、パートナーとのほのぼのエピソードをお届けいたします。

※本作品ははり著の書籍『自己肯定感0の私とロシア生まれの彼が出会ったら』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //