会社からは期待されず、夫には拒絶され…子どものために頑張ってきたのに、私って何?/「君とはもうできない」と言われまして(2)

#趣味 

会社からは期待されてないし

夫からは…


夫に触れ合いを拒否された翌日、律子は職場で「お子さんはまだ小さいし、フルタイムで働くのは難しいのでは?」と、自分が期待されていないことを突きつけられてしまいます。
家のことも仕事も頑張っているのに、なぜ報われないの?というモヤモヤした気持ち、感じたことがある人は少なくないのではないでしょうか…?

著=モチ、監修=三松真由美/『「君とはもうできない」と言われまして』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)