煙もニオイも脂もカット!「遠赤グラファイト」搭載のオシャレなグリルで家焼肉を楽しもう
焼肉の煙もニオイも気にならない「アラジン グラファイトグリラー」

焼肉はおいしいけれど、煙やニオイが気になりますよね。手軽に食べたいけど家でやるのはちょっと……と思っていませんか? そんな焼肉好きさんに朗報。煙やニオイが気にならなくて、しかもオシャレなグリルがあるんです。

「アラジン グラファイトグリラー」は、高い熱伝導率を実現した独自の技術、「遠赤グラファイト」を使用したグリル。一気に高温になるので余熱の必要もなく、遠赤外線だから炭火で焼いたようにふっくら柔らかくおいしく焼き上げます。

上からの高温調理で、お肉の余分な脂はプレートのすき間から下にある水トレイに落ちるので、煙もニオイも抑えられる上、カロリーもカットできてとってもヘルシー。油ハネもなく、水トレイは外して洗えるので、お手入れも簡単です。

機能的にすごいのはもちろんですが、ぜひそのデザイン性にも注目。「グラファイトグリラー」は、懐かしい雰囲気のデザインと高い品質で知られるストーブ「ブルーフレーム」や、「グラファイトトースター」でおなじみの、歴史ある「アラジン」ブランド。「グラファイトグリラー」も、そのレトロ感漂うデザインセンスと、伝統の色である「アラジングリーン」を引き継いでいます。

付属品と本体を合わせてコンパクトに収納できる、おオシャレなトートバッグもついてきて、そのあたりのセンスの良さも魅力。

もちろん焼肉だけではなく、焼き魚からスイーツまで、さまざまな料理に大活躍。市販のスキレットを使えば、チーズフォンデュまでできちゃいます。料理研究家、寺田真二郎さんのおすすめレシピも公開されているので、気になる人はチェックしてみて!

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】