箸をひっくり返して料理を取るのはNG? 取り箸がないときは?/知らないと恥をかく大人のマナー(7)

#くらし 
箸をひっくり返して料理を取らない

『40歳までに知らないと恥をかく できる大人のマナー260』 7回【全20回】


いざというときに迷わない!「大人」の基本満載のマナーブック。

会食、近所や親戚付き合い、冠婚葬祭、お金と贈答…。日常のさまざまなシーンで、何が正解か迷ったことはありませんか? そんな時に備えて、頻度の高いシチュエーションごとに必須マナーを凝縮しているのが『40歳までに知らないと恥をかく できる大人のマナー260』です。

その中から、今回は食事にまつわるマナーをお届けします。

※本記事は岩下宣子著の書籍『40歳までに知らないと恥をかく できる大人のマナー260』から一部抜粋・編集しました

箸をひっくり返して料理を取らない


大皿から料理を取り分けるときに、箸をひっくり返して取る。一度口に入れた箸先を料理に触れさせないので、マナーにかなった方法にも思えますが、やってはいけません。手皿と同じように、料理に触れた反対側はどうするの? という問題が残ります。汚れたままで食べ続けても、何かで箸を拭いても見苦しいですよね。

大皿料理には取り分け用の箸が添えられることも多いですから、その箸を使いましょう。もし取り箸がなければ、お店の方にリクエストしてもいいですし、割り箸が置いてあるお店なら、取り分け用のものを作って自分が使ったあとは料理の横に添えておけば、ほかの方も使えます。取り箸が用意できない場合は、「直箸で失礼します」と断ってから、自分の箸で取ります。

著=岩下宣子/『40歳までに知らないと恥をかく できる大人のマナー260』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)