保育園のお迎えに赤ちゃんの世話。小学生の私は、妹たちの母親役を背負わされて…(3)

#趣味 

二人目のママ

食べられる雑草だよ

この頃の私はまだ知らない


小学生ながら、保育園に通う妹たちのお迎えを任されていた五月さん。それどころか、まだ小さな赤ちゃんのお世話まで担っているのでした。家に借金があったことは知らなかったものの、何歳になったら仕事ができるのかと思わず考えてしまうほど、貧しい家庭環境にあったのでした。もしあなたがこのような家庭を知っていたら、困っている家族や子どもたちのために何かできるでしょうか……?

著=鈴村 五月/『毒親だけど、愛されたかった』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)