店長にスキルアップしたいと伝えたら「まさかの下克上狙い?」と鼻で笑われて/女社会の歩き方(20)

#趣味 
そろそろスキルアップしたいなぁーと思いまして!

『女社会の歩き方』20話【全21話】


女同士って面倒くさい!って感じたことはありませんか? ねちねちマウンティングに、陰口や告げ口…。こんな人間関係の中にいたら、メンタル不調になっても不思議ではないですよね。

著者「ぼのこ」さんが勤める子ども服ブランドの店は、まさに女だらけの職場。しかも公然と悪口や嫌味を言うだけでなく、全てにおいて先輩を立てる・優先するという謎ルールまであり、現場運営は超非効率な状態に…。仕事は大好きなのに、面倒な人間関係に毎日悩まされていました。

トライアンドエラーを繰り返しながら、女同士の「めんどうくささ」をくぐり抜けていく道のりを綴ったコミックエッセイ『女社会の歩き方』。SNSやブログで10万人が共感したエピソードの数々に、悩める人もきっと前を向くパワーをもらえるはずです。

ぼのこは異動先の花形店舗で、業務を妨げる無駄なしきたりやルール、先輩たちから受ける理不尽な扱いにストレスを抱え、体調を崩してしまいます。しかし気持ちを切り替え、この職場にはびこる悪しき風習を断つため、「私が店長になる!」と決意。まずは店の売上NO.1になることを目指し、自分らしい接客を磨いていきました。ある日、急に本部から視察が入ると電話を受けた先輩たちは、新商品の入れ替えが済んでいないことに大慌て! なんとかディスプレイ替えを終わらせますが、担当者からは「全部やり直しなさい」と喝を入れられてしまいました。接客中のぼのこは、その様子を知る由もなく…。

※本作品は著の書籍『女社会の歩き方』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)