たった45円で買える幸せ!SNSで話題沸騰の【テオブロマ×チロルチョコ】はコスパ最強すぎて売り切れ続出

#食 
テオブロマ×チロルチョコのコラボチョコ登場!

いよいよバレンタインデーも近づいてきましたが、いまSNSで話題沸騰中のチョコ、ご存知ですか?
「味が本格的でおいしい!」
「中のキャラメルがトロッとしてて美味」
「パッケージがカワイイ!」
「◯軒回ってやっと見つけた」
「箱買いしてきた!」
などなど、パッケージの可愛さもあいまって写真とともにコメントを投稿する方が続出しています。

そしてなんといってもこのチョコ、価格が驚きの「45円」なんです。
それが2月4日にセブン-イレブン限定で発売されたばかりの『チロルチョコ<テオブロマビターキャラメル>』です!

パッケージがかわいい!

テオブロマといえば代々木公園の近くにある人気のチョコレート専門店。創業者の土屋公二さんは世界的なコンクールで数々の受賞歴があり、「味覚の魔術師」と呼ばれている有名ショコラティエです。

そのテオブロマの土屋公二さんが、プチプラチョコの代名詞・チロルチョコを監修……と聞いてはいてもたってもいられません。すでにコンビニ店頭から姿を消しつつあるののがSNSの情報からも伝わってくるので、あわてて自転車を飛ばして近所のセブン-イレブンにかけつけました。

1/2箱買いしました

私も近所の店をかけまわって、駅から離れた3軒目のセブン-イレブンのレジ横でようやく見つけることができました。SNSのコメントをみても、どうやら商品棚でなくレジ横においてあることが多いようです。

写真では見ていましたが、パッケージの猫の絵もかわいい!
箱買いはできませんでしたが、ちょうど1/2箱買うことができました。15粒買っても、なんとたったの675円です。

チロルチョコのロゴも

パッケージの正面にはテオブロマのロゴとイラスト、側面にはおなじみ「チロル」のロゴが入っています。

ビターチョコの中にキャラメルガナッシュが

店頭ポップにはチョコのイメージ図が。ハイカカオチョコレートの中に、ビターキャラメルソースとキャラメルガナッシュが入っているようです。美味しそう〜、期待が高まりますね。

見た目はチロルチョコです

開封してみると、見た目はプレミアムシリーズのチロルチョコと同じですね、表面に「PREMIUM」の文字が並んでいます。

断面図も美味しそう…

包丁でカットしてみるとポップのイメージ図と同じ断面が!キャラメルガナッシュたっぷりですね。

では失礼して、いざ実食!
口に放り込んだ瞬間はおなじみのチロルチョコの形状なので、やや大きめでエッジのきいた角張った口当たりですね。
しかし噛んでみると一気に口の中にあふれる、高級感たっぷりのビターチョコの濃厚な苦味、とろりと溶け出してくるキャラメルソースの甘さ、そして芳醇なカカオの香り…!

食べていると「形はおなじみのチロルチョコなのに、味が高級チョコ!?」と脳がバグります。そして「ひとくちで一気に食べるなんてもったいなかった、ちゃんとコーヒーか紅茶を用意してゆっくりかじればよかった!」という後悔に襲われました……。これは話題になるのも納得の美味しさ!

 原材料もこのとおり

箱のウラの種類別名称も「準チョコレート」ではなく「チョコレート」。これは「カカオ分が35%以上あるいはカカオ分21%以上でカカオ分と乳固形分の合計が35%以上のチョコレート生地を、全重量の60%以上使用したもの」という証ですね。リーズナブルなチョコは原材料名も砂糖や植物油脂から始まることが多いですが、カカオマスが真っ先に表記されています。これは原材料の中でいちばんカカオマスの重量が多いということ。プチプラチョコとは思えない原材料表記ではありませんか。

本格ショコラティエの味が、たった45円でコンビニで買える幸せ。店頭で運良く出会うことさえできれば、コストパフォーマンス最強のチョコです。
ご興味ある方はぜひ、いますぐ近所のセブン-イレブンに狩りに出かけてくださいね。30個入りを箱買いしても1,350円でコストパフォーマンス最強、賞味期限も7月まであるのでゆっくり食べられます。

残念ながら店頭で見つけられなかった方は、おうちで簡単にできるチョコスイーツを手作りしてバレンタインを迎えてはいかがでしょうか。とろ〜りショコラテリーヌとろ〜りチョコプリンがおすすめですよ!



【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)