物欲を抑える効果抜群! 我が家から「服塚」が消えたワケ/なんにもない部屋の暮らしかた(4)

#くらし 
私の持ち物「全部見渡したい」

『なんにもない部屋の暮らしかた』4話【全6話】


物を捨てるのが大好きで、自らを「捨て変態」と名乗る漫画家のゆるりまいさん。ゆるりさんの自宅のリビングやキッチンは、殺風景ともいえるほどスッキリ! 仮にコンタクトレンズを落としても見つけられるほど「なんにもない」空間になっているそうです。
物がなければ空間を広々と使えるし、掃除もしやすそうですが、同時に「物がなさすぎる部屋で暮らすのは無理じゃない?」「家族は平気なの?」という疑問も…。
『わたしのウチには、なんにもない。』シリーズが好評のゆるりまいさんが、家に「なんにもない」を実現しながら家族と快適に過ごす知恵と工夫を伝授!『なんにもない部屋の暮らしかた』から、「物欲を抑える効果抜群! 我が家から『服塚』が消えたワケ」をお送りします。
部屋単位でも、引き出し一つからでも「なんにもない」を試してみることで、心の持ちようが変わるかもしれません。

※本作品はゆるりまい著の書籍『なんにもない部屋の暮らしかた』から一部抜粋・編集しました

【クローゼット】自分の物は自分のスペースに。当たり前のことがストレスから家族を救った

私のクローゼットは寝室の横にあり、ウォークインクローゼットになっています。入って右側が夫の、左側が私のスペース。そこに下着、洋服、アウター、バッグ、そして靴に至るまでが詰まっています。

靴は玄関の靴箱に置く方が多いと思いますが、私は全てクローゼットに入れています。そして外に出るたび、それこそ近所のコンビニに行く時でもわざわざクローゼットから靴の入った箱を玄関に持っていくのです。「いちいち? 面倒臭っ!」と言われる事が多々ありますが、はい、確かに面倒臭いし、なにしろシュールです。

じゃあなぜそんな面倒な事をしているかというと、持ち物全てを一度に見渡したい願望があるからだと思います。

汚家時代は、洗濯済みの服が家の色々なところに点在していました。家の何力所かに家族全員の服が集まった「服塚」が形成されており、そこから自分の服を探します。靴下なんかはもう大変。生き別れた悲しき右足靴下と左足靴下を、再度巡り合わせるのはひと苦労。最終的には、全部同じ柄の靴下にして、左右関係なく履くというズボラ術まで実行していたっけ。

魔の服塚


そんな環境に家族みんながストレスを抱えていたはずなのに、当時はそれが当たり前の光景でした。だからみんな、自分がどれくらい物を持っているのかがよく分からない。今何が洗濯中で今日は何を着れば良いのか、そんな単純な事がちゃんと分からない生活だったのです。

その上、自分の持ち物を把握できていないと、同じような物を何度も買ったりもして、無駄に物が増えて不経済…という悪循環に陥ったりもしていました。

その生活をどうしても変えたくて、クローゼットを、自分の持ち物が全部把握できるようにしたのです。そうして共有スペースから自分の物を引き上げるようにしたら、家族も自然と同じ行動をするようになって、我が家から服塚が消えました。なんにもないクローゼットは私の「持ち物全てを一度に見渡したい願望」を満たしただけでなく、ストレスから家族を救ったのです!

ただ、私は三度の飯よりバッグ、次いで靴が好きな女。「なんにもない」を目指しているくせにバッグと靴にはやたらと甘く、服との比率が明らかにおかしいくらい持っています。

ストイックを装いながら実は欲望に弱い私ですが、物を見渡せるようにしていると買いすぎ防止になることだけは確かです。在庫数が明確なので、物欲が湧いても「1回の外出に使うのは1つと1足だぞ」と気を引き締められます。ある意味戒めに近いのでしょうか。クローゼットを共有する夫も、そんな私を温かい目で見守ってくれている…と信じたいです。

私のクローゼットのここが好きっ!


著=ゆるりまい/『なんにもない部屋の暮らしかた』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)