テカリ悩みにはパウダーをプラス! マスクに色移りしにくくするパウダー使い裏ワザも

#美容・健康 
シャツ、眼鏡/スタイリスト私物

近所のスーパーへ行くためにはなるべく手間をかけたくない。でも知りあいに会ったら恥ずかしいし…。そんなご近所おでかけのための、超簡単ベースメイクを聞いてきました!

今回は、テカリにお悩みの方のメイク術をご紹介します。



教えてくれたのは▷ヘア&メイクアップアーティスト広瀬あつこさん

広瀬あつこさん

アラフォーを中心に幅広い世代の悩みを解決するポジティブなメイクを提案。著書『スマイルメイク -5歳で引き寄せ力UP!』(世界文化社)も大好評。@hairmake_atsuko.hirose


混合肌やオイリー肌など、皮脂浮きしやすい肌質の人は美容液ベースの上からパウダーを塗るのがオススメ。粒子の細かいルースタイプのパウダーなら、粉っぽくならず、一日中、メイク崩れを予防できます。

フェイスパウダーUV スーパー プロテクト/ファンケル

高いUVケア効果とスキンケア効果も兼備
セラミド・ヒアルロン酸配合。皮脂吸着×保湿を両立。フェイスパウダーUV スーパー プロテクト PF50+・PA++++ ¥2,750/ファンケル
※3月17日数量限定発売

HOW TO USE

えらの位置から塗り始めると白浮きせず小顔効果もアップ

テカり悩みにはパウダーをプラス!

パウダーをほお中央から塗り始める人が多いですが、それだとぼってり厚塗りに見えがち。付属のパフでえら→フェイスライン→額と、下→上へ塗っていくと自然で小顔効果も!

眉の中・鼻の頭・あご先はパフの側面でパウダーを仕込む

 眉の中・鼻の頭・あご先はパフの側面でパウダーを仕込む

意外とテカリが目立つのが細かい部分。パフの側面を眉に垂直にあて、残ったパウダーで毛の中にもしっかりパウダーを入れ込み、皮脂をブロック。鼻の頭、あご先も同様に。

マスクに色移りしにくくするパウダー使いの裏ワザ

テカリ悩み以外の人も必見

マスクに色移りしにくくするパウダー使い裏ワザ

2枚組ティッシュを1枚剝がし、ペラペラの薄い状態にしてから、マスクゾーンに貼りつけます。その上からパウダーをつけたパフをあてるとよけいな油分が吸収でき、色移り予防に。同時に口紅の色移り予防にも役立ちます。



*  *  *

テカリは気になるものの、パウダーの使い方によっては粉っぽく老けた印象になることも。粒子の細かいルースタイプのパウダーを使えば、粉っぽくならずメイク崩れを予防できます。パウダーをのせる位置も要チェックです!

撮影/天日恵美子 スタイリング/永岡美夏 ヘア&メイク/広瀬あつこ モデル/MAO 編集協力/倉永貴子

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ’22年3月号より>



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 3月号』情報はこちらから▼

料理特集は「料理の手間をとことん省く!」。めんつゆを使えば味つけに迷わない、ひき肉で包丁を使わない、レンジで火を使わない…など、とことん手間を省いたレシピをご紹介しています。また、この時期旬の新玉ねぎレシピや、食パンで○○が作れちゃう!?驚きのレシピもご紹介。その他、献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダーBOOK」や、にぎりっ娘。さんの「頑張らないお弁当」特別ダイジェスト版など、読み応えたっぷり!LETTUCE MEETSには小澤征悦さんが登場!オトナのNEWS連載には加藤シゲアキさんが。コミックエッセイも多数!レタスクラブ3月号をぜひお楽しみください。

おすすめ読みもの(PR)