妻を指す「かみさん」は本当に「神様」だった/大人の最強雑学(31)

#趣味 
大人の最強雑学(31)【全31回】


知って得するものから、びっくり仰天する驚きのネタまで。幅広い雑学ネタを知っておけば、人との会話に困らないかも…? 
種々雑多な話題をわかりやすい形で発表し、注目を集める「雑学総研」による『大人の最強雑学1500』から、厳選したおもしろ雑学をお届けします。

※本記事は『大人の最強雑学1500』から一部抜粋・編集しました

「かみさん」は山の神のことだった


自分の妻のことを「かみさん」と呼ぶが、その語源には諸説ある。

最も有力とされるのは、昔の人が自分の妻を「山の神」と呼んでいたことから、親しみを込めて「かみさん」に変化したという説。

「かみさん」は山の神のことだった


また、民俗学者の柳田國男は、山の神の標識として日本各地では古くから杓子(しゃくし)が用いられたが、食物分配用の道具である杓子は女房の権威の象徴であることから、妻のことを「山の神」と呼ぶようになったとする。さらに、女性店主のことを表す「女将(おかみ)さん」からきているとの説もある。

『大人の最強雑学1500』から、もう一つ雑学をお届け!

道路の「T字路」は正しくは「丁字路」である


直角に交わった三叉路のことを「T字路」と呼ぶが、じつは「丁字路」が正しい。これは、日本でアルファベットが一般的に使われる以前から「ていじろ」と呼ばれていたことに由来する。道路交通法にある「交差点」の説明にも、「十字路、丁字路、その他二つ以上の道路が交わる」と記載されている。

道路の「T字路」は正しくは「丁字路」である


もともとは明治時代に、道路の形状が「丁」の字に似ていることから名づけられたが、その後アルファベットが普及し、「Tシャツ」などの言葉も登場したことから、「T字路」と呼ばれるようになったという。

著=雑学総研/『大人の最強雑学1500』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)