「誰かと食べるご飯はおいしいね」一人暮らし生活で忘れかけていたもの/ヨナカの小さな贅沢(6)

#趣味 
誰かと食べるご飯はおいしいね

『ヨナカの小さな贅沢』6回【全6回】


25歳独身の奥村ヨナカは、ブラック企業勤めで激務の日々を過ごしていました。亡き両親が遺した一軒家に一人で住んでいますが、家事にはまったく手が回らずゴミがあふれる汚部屋状態! ある日「今過労死したら…」という不安がよぎったヨナカは、汚部屋を脱出すべく家事代行サービスを利用することに。そこでやって来たのは――。

片付いた部屋、簡単でもちょっとひと手間かけた料理、誰かと一緒に食卓を囲むこと…。“丁寧な暮らし” の良さをしみじみと感じる『ヨナカの小さな贅沢』を6回連載でお送りします。今回は第6回です。

※本作品は岡野く仔著の書籍『ヨナカの小さな贅沢(1)』から一部抜粋・編集しました

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //