夫の不倫相手のアカウントを発見!夫とイチャつく「SNS匂わせ女子」をあぶり出した、その方法とは?

#趣味 
 アカウント、見つけたかも!


厚生労働省の「令和元年人口動態統計」によると、離婚件数は、1960年代と比較して大幅に増加しており、近年は年間60万件の婚姻件数に対し、離婚件数は年間21万件だそうです。
レタスクラブが236人に「離婚を考えたことがありますか?」という質問をしたところ、「ある」と回答した人が30.9%いました。約3割の人が一度は離婚を考えたことがあるということです。(2021/9/15~20アンケート実施。回答者296人のうち「女性・既婚者(離婚経験者含む)」の236人の回答を抽出)

著者の平井 仁美さん、水戸さゆこさんが取材に基づき、ママ友の歪んだ友情について問題提起した話題のコミックエッセイから、とある主婦(奈菜)が夫の不倫疑惑に直面した時のエピソードをご紹介します。離婚、または修復……奈菜の心は揺れ動きますが、信頼を寄せるママ友・舞のアドバイスに従って、不倫の証拠集めに乗り出すことにしました。

そんな奈菜は、ある日、夫の不倫相手の女性のものと思われるSNSのアカウントを発見します。一体どうやって不倫相手の情報にたどり着いたのか、その方法を見ていきましょう。

 離婚されちゃうのかな

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)