教えてスタイリストさん! タンスに眠ったこの服、どう着ればいい?

#趣味 

10数年前に購入してから、大事にタンスにしまっていたアノ服……。
「もう似合うかわからないし、合わせる服も思いつかないから、捨てるしかないのかな…」と思い悩む編集・Oの前に現れた、スタイリストの樽山さん。
「捨てる必要はないですよ!」と、おすすめコーデを教えてくれました!
皆さんのおうちのクローゼットに眠るアノ服も、再生可能かも!?

① 昔よく履いた膝丈スカート

昔よく履いた膝丈スカート

学生の頃によく履いていたこのミニスカート。当時、ものすごくお気に入りだったので、なんとなく捨てられずに今に至ります。樽山さん、このスカートって、まだ着られるでしょうか…?

「多少辛口になりますが、正直に申し上げると、今着るのはおすすめできません(笑)。

私は基本的に、好きな服を好きなように着るのが1番だと思っているので、
日頃から、このスカートが大好きでよく着ている方なら、なんの問題もないと考えております!
ただ、『このミニ丈をどう着れば…?』と悩む背景には、今のご自身の年齢や髪型、メイク、社会でのポジション、体型など様々な理由があると思うのです。なので、私自身は、2年間着なかった服は手放すようにしています。

ちなみに最近、2000年前後のファッションが10代~20代前半の若者の間で流行っています。そのため大人がミニスカートを着る場合は、上品に着ないと、意図せず『無理した若作り感』が出てしまう恐れがあるのです。

大人がミニスカートを着たい場合は、なるべく上質な素材で、シンプルな形で濃い色のものを選ぶのがいいと思います。その際、足元もスニーカーなどカジュアルすぎるものではなく、ヒールのある靴やきちんとしたレザーのブーツを同色のタイツと合わせると着やすいですよ!」(樽山さん)

② 喪服に見えちゃう真っ黒ワンピ

喪服に見えちゃう真っ黒ワンピをハレの日でも着られるように工夫したい

「無難なワンピースが1着ほしい」と思って数年前に購入した、この黒いワンピース。
ただ、着るといつも喪服のような雰囲気になってしまうんです……。ハレの日でも着られるような工夫、教えていただけますか?

「華やかな小物を合わせるのが良いです!たとえば大ぶりのイヤリングやネックレスをつけたり、チェーンのついたバッグを持ったりするだけでも、印象がぐっと明るくなりますよ。
足元は黒のタイツやストッキングもいいですが、レースやラメ感のあるものだとより華やかでいいと思います。
靴もエナメル素材のものなど、ブラックフォーマルでは使わないものを選ぶといいです。白やパイソンの物でもハレの日なら合うと思います!」(樽山さん)

③ ド派手トップス編

ド派手トップス

タンスから引っ張り出したこのド派手トップス。
数十年前に購入したものなのですが、一体何と合わせたらいいのかしら…と思い悩むうちに、着るチャンスを逃しまくり今に至っています。樽山さん……、この服って、まだ着られますか…?

「十分着られます!例えば、ターコイズブルーのような、柄の中に入っている一色を使ったロングスカートを合わせると、すごくカワイイと思います。
もしくは、ボトムスに黒いパンツを持ってくることで、シックにまとめてもいいかもしれません」(樽山さん)。

④ さいごに


「タンスで眠っている服を見つけたら、今持っている服ととにかく色々合わせて全身が映る鏡で見てみることをおすすめします」と樽山さん。
そうすると、「この組み合わせなら着れそう」とか、「手持ちの服や靴で合うものがないから、これに合うトップスを購入しなくては」、「残念だけど今は違うかもしれないな」など、具体的にどうすればいいか見えてくるんだそうです。もしも客観的に判断するのが難しいなら、全身を写真に撮ってみて、数日後に見返すのもおすすめだそうです。

おしゃれな樽山さんですが、ご自身も案外、鏡の前で、いろいろなアイテムを組み合わせて、ミスマッチではないか悩んで試行錯誤しているそうです。
その作業を繰り返せば、徐々に「自分に似合う」がわかってくるそうなので、ぜひ面倒くさがらずに楽しんでやってみてください!

文= 吉田圭

▲教えてくれたのは
スタイリスト:樽山リナさん
雑誌、カタログ、広告などで幅広くスタイリングを手がける。自身が小柄なこともあって、体形カバーのバランス感覚にも定評あり!5歳児のママ。

樽山リナさん


【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)