そのメイク、マズイかも!? 35歳を過ぎたらイタいメイク4箇条【老け見え回避】

#趣味 

「学生時代に雑誌で学んで以来、メイクの知識がストップしている」、「十数年、同じメイクをしている」、「メイクをしても、全然変化がない」……。
そんなレタス読者の皆さんの悲鳴を聞いて、ヘア&メイクアップアーティストの広瀬あつこさんを突撃してきました!「イタいメイクとオトナの正解メイク」の違いとは?

「イタいメイクとオトナの正解メイク」の違いとは?


そのメイク、やりすぎです!NG①:おてもやんチーク

大胆なチーク、NGです!

「くすんだ肌に血色を足したい」、「若い頃流行していたから」と、大胆にチークをいれていませんか?それ、NGです!

チークを入れるのは、眉山からまっすぐ下に下がったところ。小鼻よりやや高い位置です!
ちょんちょんと少量ずつつけて、なじませるのがポイントです。
ちなみに、チークを目もと付近まで塗り伸ばしてしまうと、目線が上に行き、顔が間延びして見える原因に!無理して若づくりをしている印象にもなるので、要注意です。

【おすすめのチーク】N by ONLY MINERALS ミネラルソリッドリーク コンプリート01 ¥3,520/ヤーマン

そのメイク、やりすぎです!NG②:ピッカピカの口紅

「マットな質感の唇」を目指すのがポイント

唇をプルンプルンにするのは、20代まで! 光沢感の強い口紅をオトナ女子が塗ると、年齢不相応な印象になってしまいます。洗練された印象を出したいなら、「マットな質感の唇」を目指すのがポイント!

「リップを塗ったあと、2枚組ティッシュを裂いて1枚(薄いペラペラの状態に)にして唇の上に載せ、そのうえからパウダーをつけたパフをあてると、マットな質感に!また、マスクへの色移りも防げます!」(by広瀬さん)

【オススメの口紅】むっちリップ03 ¥1,540/B IDOL(かならぼ)

そのメイク、だらしなく見えてます!NG③:スカスカ眉

トレンドは、平行気味の、太からず細からずの眉

昔、眉毛を抜いていたあなた! 眉毛がスカスカになっていませんか?
そのまま眉毛を描かずにいると、他人には「疲れているのかな?」という印象を与えている可能性、大です!

「まず絶対買ってほしいのが、眉ペンシル!毛がなく、スカスカになっているところにちょんちょんと描き足していきましょう。いまのトレンドは、平行気味の、太からず細からずの眉です!」(by広瀬さん)

【オススメのアイブロウ】アイブロウ スリムGY11 ¥4,180/エレガンス コスメティックス

そのメイク、だらしなく見えてます!NG④:くすんだ目もと

くすんだ目もとの放置はやる気のない印象になりがち

年齢とともに、目のまわりはどうしてもくすんでいくもの。そのまま放置していると、ぼんやりした、やる気のない印象になりがちです。

「まずは米粒大ぐらいのファンデを下まぶたにちょんちょんと塗って、くすみを払いましょう。くすみをオフしたら、肌なじみのいいオレンジのアイシャドウを目頭から涙袋にかけて、平行に入れると、血色がよく見えますよ!」(by広瀬さん)

【オススメのアイシャドウ】グロウフィット アイズ03 ¥2,750/ヴィータ(ナリス化粧品)

メイクは年齢に応じたアップデートをしないと、「イタい」印象になってしまうそう……。
アイテムの進化にともなって、メイクの難易度も下がっているので、自分に似合うメイク法をぜひ、実践しながら探してみてください!


文= 吉田圭

▲教えてくれたのは
ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこさん
トレンドを取り入れつつ周囲から浮かない大人のためのメイクが人気。誰でも
簡単にきれいになれるテクニックを惜しみなく教えてくれる。2児のママ。


この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)