ユニクロ使いで即こなれ!35歳以上なら知っておきたい【老け見え脱却】イタくないコーデに仕上げる「3つのポイント」

#趣味 
「無難なファッション」、実はかえってイタいかも

周囲から浮きたくないし、普段着ないデザインの服は似合うか不安だし…と、服装のアップデートをあきらめたそこのアナタ!
歳を重ねるとつい安心感のある「無難なファッション」になりがち。
気づけば長年スタイルを更新していない…なんていう方は要注意、実はそのコーデ、かえってイタいかもしれません。


でも自分に似合うものがわからないし、いまのトレンドも知らない……。
そんなお悩みを抱える方をレスキューすべく、雑誌やカタログ、広告などで幅広く活躍するスタイリストの樽山リナさんにお話を聞いてきました! 
アラフォー以上なら知っておきたい、コーデのコツはこちら!

スタイリストの樽山リナさんに老け見え脱却ファッションのカギを聞いてきました!


老け見え脱却ファッションのカギは、以下の3つ。

① シャツはワンサイズ大き目を選ぶ
② ロングシャツには、ストレートパンツ一択
③ 適度な肌見せで、こなれ感を演出


早速、①~③それぞれのポイントについて、樽山さんに解説していただきましょう!

① シャツはワンサイズ大き目を選べ

ゆったりめのシャツを選ぶと、余裕のある印象が出てぐっとこなれ感が出ます!
ボディラインを拾わないサイズ感が安心で、できればお尻まで隠れるものを選ぶと、よりスッキリ今っぽく見せることができます。

お尻まで隠れるものを選ぶと、よりスッキリ見せることができます

おすすめ!→シャツ(メンズ)¥2,990/ユニクロ

② ロングシャツには、ストレートパンツ一択

形や色の流行がめまぐるしく、選ぶのが難しいのがパンツ。なかでもジーンズは、いかに自分の体型に合ったものを選べるかがキモとなります。
たとえば、スキニータイプのジーンズは結構キケンなアイテム。モデルさんが履きこなしているビジュアルに釣られて買って後悔…というエピソードがもっとも多いのが、スキニージーンズなのです。
一方、どんな体型の人でもオシャレに着こなせると言われているのが、ストレートタイプのジーンズ!縦線が強調されるので、足が細く長く見える効果があります。なかでも、若干ゆとりがあって、肉感を拾わないものがおすすめです!
デニム以外のパンツなら、センタープレスやカラーパンツもおすすめです!

どんな体型の人でもオシャレに着こなせると言われているのが、ストレートタイプのジーンズ

おすすめ!→ペグトップジーンズ¥3,990/ユニクロ

③ 適度な肌見せで、こなれ感を演出!

さわやかな気候の春にはぜひ、肌見せを!

ファッションのポイントは、いかに季節感を出せるか。
さわやかな気候の春にはぜひ、肌見せを!
袖をすこしまくって手首を見せるだけで、オシャレに上級者に見えますよ。
手首は体の中でも細い部位なので、あえて「出す」ことで、体全体が細く見えるマジックも起こります!
また首元も、Tシャツなどでがっちり覆ってしまうよりは、シャツの場合はボタンを開けるなど、首元にVラインを。露出させた方が細見えもし、清々しい印象になります。

暖かくなってうれしい反面、服装選びに悩んでいた方も多いのでは?
この春は、3つのポイントを意識してオシャレデビューをしませんか?

動画でも詳細を確認できますのでぜひチェックしてみてください!



文= 吉田圭
写真/PIXTA、谷口大輔
【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)