残された時間はあと少し。生前の妻が飼い猫にそっと語りかけた言葉とは?(6)

#くらし 
タマちゃん 私を忘れないでね

『ねことじいちゃん7』6話【全6話】


猫と老人が暮らす、小さな島の町。
島民すべてが顔なじみのような環境で、のんびりと老後生活を送る、元小学校教諭の大吉じいちゃん。亡き妻と育てた飼い猫・タマとともに送る日常は、朝から家事をこなし、畑仕事に精を出し、島内の喫茶店へ出かけたりと、なかなかアクティブな様子。

ある日、押し入れから古いアルバムを引っ張りだしてきたじいちゃん。そこには若い頃に買った自慢の愛車や幼かった息子、亡くなる直前の妻も写っていました。
病気が進行し、床に伏せがちだった妻の体調を気遣うじいちゃん。タマを連れた2人は、思い出のつまった島内をゆっくりと巡り、海へと向かいます。

心がじんわりと温かくなるような、小さな幸せがぎゅっとつまったエピソードをご紹介します。

※本記事はねこまき(ミューズワーク)著の書籍『ねことじいちゃん7』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

Information






▼大人気漫画を無料で試し読み!連載まとめ一覧▼

他の無料試し読み作品

▼「コミックエッセイ」Instagramはじめました!▼
インスタ


おすすめ読みもの(PR)